kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 北信にて<7>

<<   作成日時 : 2011/01/08 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 28

<ユモトマユミ>湯元真弓

画像

<ミヤマシキミ>深山樒
画像

画像

<ガマズミ>莢蒾
画像

<アクシバ>灰汁柴
画像

<フッキソウ>富貴草
画像画像


<ベニナギナタタケ>紅薙刀茸
画像

<ホコリタケ>埃茸
<キホコリタケ>黄埃茸   2011.1.8訂正
画像

カエル爺さんに教えて頂きました。
カエル爺さん何時も有り難うございます。

【サル】猿
画像

夕食は・・・
画像

画像

ファイルNo110.210

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
ミヤマシキミの実はシキミとぜんぜん違うと思って調べてみたら、ミヤマシキミはシキミ科ではなくミカン科なのですね。ひとりで納得しました。
ユモトマユミの実、これだけ一杯なるととてもきれいですね。
猿が座っているのでは、ここを通るのはこわいのでは?
どうなさいましたか。
エフ・エム
2011/01/08 08:28
ユモトマユミは沢山の実をつけきれいですね。
マユミはこれほどたくさんの実をつけたのをみたことありおませんね。
ガマズミの実は探していたのですが、写真を撮らずじまいでした。
富貴草の丸い蕾 下の茸のようですが可愛いです。
shuuter
2011/01/08 12:57
濃い紅色の ユモトマユミ、形も色も 本当に
可憐ですね。
ミヤマシキミは 日頃登る山の 山頂 手前の
林に 群生地があります。(この名も つい最近
知ったのですが)実は まだ見たことがないので
確認に 登ってこようと 思いました。
たかようじ
URL
2011/01/08 14:36
ユモトマムシグサで教えて頂いたので間違えないぞ!ユモトマユミは日光湯元で確認されたのですね。エヘン!何か人の名前みたい。下の豪華な夕食の写真も良いのですが、今日のUP写真は野鳥が見たらkako狸さんの夕食以上に素晴らしいご馳走なのでしょうね。赤玉、白玉が対をなして新年らしくおめでたいですね。ホコリタケで載せられているのはキホコリタケでしょうね?ベニナギナタタケは変な形ですがお汁や天ぷら、酢の物などで美味しく頂けるキノコですね。次回はお試しあ〜れ。
カエル爺さん
2011/01/08 16:57
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。<ミヤマシキミ>は葉の感じが<シキミ>似ているからと付けられた名前ですが、葉の感じだけで花も似ていませんし、科も違うのではねぇ〜。
エフ・エムさんは納得!なさっても私は合点が行きません。
何かしこりが残ります。
<ユモトマユミ>の実がまず目に飛び込んで来ました。
実付の良い木でしたね。
歩いている時に自分と同じ獣臭がして、熊出没注意と書いてある看板は有るし、電流でも流れるのか、カメラでも仕掛けてあるのか、箱の様な物があちこちに有るしと思いながら歩いておりましたら、猿の群れがおりました。
でも近づいて行きましたら、猿の方が木に登って行きました。
日光などの様に人間に悪さはしないようでした。
いえ、狸だったから仲間だと思ってくれたのかししら。
kako狸
2011/01/08 17:04
<shuuterさんへ>
こんにちは。何時も気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ユモトマユミ>は<マユミ>より色も紅色が濃いように思いますし、実の数もこの木だけかも知れませんが、沢山付いていて見応えがありました。
綺麗でしたよ。
<ガマズミ>の写真を写されませんでしたか。
実を採集出来る所だと果実酒も綺麗な色に仕上がり美味しいですけどね。
さもさも飲めそうなコメントになりましたね。
アルコールはほんの少しだけ飲めます。
<フッキソウ>の実も可愛いですね。
kako狸
2011/01/08 17:12
<たかようじさんへ>
こんにちは。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
<ユモトマユミ>の実に目が釘付けになりました。
濃い紅色でしたからね。
<ミヤマシキミ>の木がそちらにも生えていますか。
きっと真っ赤な実を付けてたかようじさんに見て欲しくて待っている事でしょう。
是非逢いに行っていらして下さい。
<ミヤマシキミ>も喜ぶ事でしょう。
kako狸
2011/01/08 17:17
<カエル爺さんへ>
こんにちは。<ユモトマユミ>は日光の方でしょうかね。私は知りません!
人をはぐらかしてばかり、やはり狸の本性でしょうかね。
『湯元真弓』さん何処かにおられそうですね。
お安い宿でしたからたいした夕食ではありませんでしたが、お腹だけは満たされました。
今日の写真は野鳥の御飯見えましたか?
蛙の前世は鳥でしたか?
そう言われてみれば紅白揃い踏みで、おめでたいですね。
<ホコリタケ>は<キホコリタケ>ですか?何時も教えて頂き有り難うございます。
訂正しておきます。
<ベニナギナタタケ>はこんな毒々しい色をしているのに食べられるのですか?
お汁や天ぷら、酢の物でねぇ〜!
カエル爺さんは口になさった事がおありですか?
まあ勇気があること!
狸は怖くて絶対に口に出来ません。
kako狸
2011/01/08 17:28
<ベニナギナタタケ>紅薙刀茸
 
 おもしろ〜い!
 ミミズの逆上がりみたいだね ^^

<キホコリタケ>黄埃茸

 パンみたいで美味しそう
 パクって食べてみたいね 
『孤 独』
2011/01/08 17:49
おはようございます。最近しつこさが自分でも嫌になっているので、今後は慎みたいたい思っています。<エフ・エム>さんと<kako狸>さんのやりとりでの疑問点について蛙の知っている話を少しだけ。ご存知であったなら、またおせっかいコメントかと聞き流しておいて下さい。なぜ、科も花も実も姿も違うのにシキミに似た名前がついているか?と言うことなのですが、じつは昔から地域によって本来のシキミではなく、このミヤマシキミの仲間のツルシキミを仏前やお墓に供えていたという事実があります。全国区のシキミが知名度が高いので、光沢のある葉と使用目的が同じと言うことでツルシキミ(別名ツルミヤマシキビ)と付けられたのでしょうね。で、<Kako狸>さんの採り上げられたミヤマシキミも同じ理由からシキミの名をつけられたものでしょう。因みに植物学上は、こちらがミカン科ミヤマシキミ属の基本種となっています。また長くなりました。すみません。
カエル爺さん
2011/01/09 00:55
<『孤 独』さんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ベニナギナタタケ>は面白いですよね。
キノコらしくありませんね。
ミミズの逆上がりみたいに見えましたか?
その下は<キホコリダケ>って言うみたいですね。
やっと<ホコリタケ>までは辿り着きましたが、正解は<キホコリタケ>のようでした。
カエル爺さんには恩返しも出来ないまま、何時もお世話になりっぱなしです。
<キホコリタケ>に毒は無いのでしょうかね。
パンみたいでパクッ!コロッ!じゃ嫌です。
kako狸
2011/01/09 05:58
<カエル爺さんへ>
おはようございます。新年のエンジン始動で皆様の所への訪問でお忙しいと伺いましたのに、何度もお立ち寄り頂いた上にコメントまで頂戴し有り難き幸せに存じます。
ご仏前やお墓に<シキミ>の葉をねぇ〜。
それの代用として<ツルシキミ>の葉を供えられる地域があるのですか?
それでは<シキミ>の生育地域でない東北地方から北の地方ではそんな事があると言うことですかね。
なるほど、納得です。
ちなみに我家の仏前や墓には<シキミ>も<ツルシキミ>も供えた事はないです。
教えて頂き有り難うございました。
kako狸
2011/01/09 06:22
ベニナギナタタケ>不気味だけど是非見たいものです。
ハッピー
2011/01/09 07:26
おはようございます。補足説明なのでお許し下さい。私の説明不足でしたね。シキミの代用としてツルシキミを使うのではなくツルシキミの方がシキミより尊い植物(格が上)と考えられているようです。さて、シキミは供えられませんか?高知では仏前、墓には当然のようにシキミを供え、神棚にサカキを供えているのですが?そのために田舎では庭や畑縁にシキミやサカキを植えている家も多いのですが関東では見られない習慣なのですか?全国共通のことと思っていたのですが違ったのかな?それとベニナギナタタケの属するシロソウメンタケ科の仲間は食用キノコで私が悪食という訳ではありませんよ。蛙だって命は惜しいですからね。
カエル爺さん
2011/01/09 08:11
<ハッピーさんへ>
こんばんは。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ベニナギナタタケ>ご覧になりたいですか?
なんだか薄気味悪かったです。
これが食べられると聞いても私は無理そうです。
まあ見るだけなら・・・
kako狸
2011/01/09 19:52
<カエル爺さんへ>
こんばんは。「植物学上は、こちらが」のこちらを取り違えた様で申し訳ありません。
お返事の時にどちらを指すのだろうとは思ったのですけど、読み違えましたね。
どうも度々すみません。
<シキミ>の葉を供えないのは家だけ?
でも<サカキ>の葉は売っていますが、<シキミ>の葉は見かけませんよ。
<ベニナギナタタケ>はシロソウメン属ですか。
シロソウメン属は食用のキノコでしたか。
以前<ツキヨタケ>にあたった事がありキノコ恐怖症です。
昨年の秋にはイベントで売っていたキノコでも食中毒を起しましたものね。
くわばら!くわばら!
kako狸
2011/01/09 19:53
もう、ここに住もうかな? そうですかシキミは売っていませんか?高知ではスーパーや園芸店、良心市などでサカキ同様に売られているのですがね。地域差ですかね?だからお二人の会話にこの話が出てこなかったのでしょうね。なるほど。 ツキヨタケはいけませんね!シイタケ、ヒラタケ辺りと間違われましたか? キノコの仲間はご存知のように似たものが多く写真図鑑などでは識別が難しい(できない)ので有名な種以外の採取は危険ですね。量販店で売られているものでも毎年、誤混入で多くの中毒者が出ているのですからね。
カエル爺さん
2011/01/09 21:08
<カエル爺さんへ>
おはようございます。飛行機で1時間との事ですから、何時でも引っ越していらして下さい。
羽田からの方が遠いですけど・・・
暖房の入っていない部屋で良かったら幾らでも空いております。
勿論いらしたら暖房機はお出ししますから・・・
手あぶりの火鉢って事はありませんから、ご心配なく!
自分が買わないから目に入らないのかも知れませんけど、<シキミ>を目にした事は無い様に思います。
段々自信が無くなって来ました。
今度馴染みの花屋さんで聞いてみます。
スーパーでも売っているのですか?
お供えする地域なのですね。
此方でも<サカキ>はスーパーでも生花の一番手前で目にしますから、それ同じ様に並べられているのでしょうね。
良心市とはまた良い名ですね。
なんか心温まる物ばかり売っていそうです。
私は<ツキヨタケ>のほんの傘の小指ほどをかじってみたのですが、一晩中ムカムカしちょりました。
それからは流石食いしん坊を自認する狸でもキノコは懲りました。
<シイタケ>や<ヒラタケ>とそっくりですものね。
軸を落とした時に気が付けば良かったのに・・・
それからはお店やスーパーに並んでいるもの以外は怖くなりました。
量販店で売られているものでも誤混入はありますか?
怖いことです。
kako狸
2011/01/10 05:51
おはようございます。今朝は深夜に起きて提出する原稿を書いておりました。おっ、なんかカッコいいな!ほんとなんだけどね。以前、飛行機で一時間と強がりを言ったけど、片道2万円なの、お部屋構えられても行けないの、蛙はお金がありません。またお心遣いコメントでしょうか?「ムカムカしちょりました」は?昨年はちょっとだけブームでしたからね、土佐弁は。ただ、現在では「しちょる」は使いませんね。と言うか、「しちょる」はどちらかと言えば幡多(はた)弁ですね。(最近は四万十川や足摺岬で有名な)高知は東西に長いので東部は徳島、西部は愛媛の影響を受けています。今回の登場人物で(龍馬伝をご存知と仮定して)龍馬、武市瑞山、乙女などが中央部、中岡慎太郎、岩崎弥太郎などは東部なので実際は言葉が違うはずなのです。ですから中央部に育った龍馬は本当は「しちゅう」、kako狸さんの文章なら「しより」が正しい土佐弁となります。言い切る場合は「しゆう」。土佐弁講釈はまたご希望がありましたら。しかし、これ、読み違いだったら恥ずかしいな。最後に前回のうどん文化圏ではないと言ったコメントは四国の他県ほど(家庭でつくったり、喫茶がわりにうどんをすする)ではないと言う意味でそば文化圏と言うことではありません。念のため。 棲みついちゃった。
カエル爺さん
2011/01/10 07:46
<カエル爺さんへ>
こんばんは。あら、昨晩は深夜に原稿書きでしたか。
それはお疲れ様でした。
ブログに棲み付いて頂くのは一向に構いませんけど、東京にもお部屋のご用意が出来ておりますよ。
片道2万円ですか?
ちょっとしたツアーの海外旅行にも行かれそうですね。
土佐弁のつもりはなかったのですよ。
昨年のドラマも見ていなくて・・・
高知県でも東西で方言が違いましたか?
うどんを喫茶代わりにする県もあるのですか?
食事でなくて・・・?
へぇ〜です。
色々と知らない事ばかりで、コメントって有り難いですね。
簡単に物知りになれて!
kako狸
2011/01/10 19:32
・・・・恥ずかしい・・・。
カエル爺さん
2011/01/11 01:01
<カエル爺さんへ>
おはようございます。恥ずかしがらせるつもりなんてなかったのです。
何時も傷つけてしまっているみたいで心苦しいです。
土佐弁の話し言葉と書き言葉の違いまで丁寧に教えて下さり感謝しています。
TVも見ていないのに見た振りをしても、何処かで辻褄が合わなくなって尻尾がでますでしょうし。
尻尾は自分の大きな尻尾だけで沢山です。
最近はその自分のを人間に化ける時に隠すのも大変なんですよ。
今後も失礼とは思わず本音で参りますので宜しくお願いします。
kako狸
2011/01/11 05:45
棲んでるよ。ありがとね!番組をご覧になられてなくて?・・良かったです。蛙も一回も見たこと無いの。昨年は何やら高知中が浮かれていて、臍はないけど捩れている蛙は閉口していました。「kako狸様よ、おまえもか?」てな感じで、内心、残念に思ってのコメントだったのですが、そうではなかったことが分かり好かったです。蛙は数日前のことは忘れてしまいます。お心遣い、感謝です。
カエル爺さん
2011/01/11 18:28
おはようございます。我が部屋へようこそ。このコメントを最後に引っ越しますので、追い出さないでね。ついでのコメントなのですが、お隣の香川県ではうどん屋さんの数が桁違いで、四国一小さい面積に1000を超えるうどん店が犇めき合っています。以前ほどではないでしょうが東京の方がマックやモスに(蛙の町は小さいけれど、マック、モス、ミスド、ガストはあるんだよ。エヘン!)行かれるようにファストフード店的な利用をしていて喫茶店でもうどんを食べるのは普通のようです。私達、土佐の蛙も年に何回かは香川へうどんの梯子に行くのですよ。最後に土佐弁で「本当に、不自由だ」を「まっこと、のうがわるい」と言います。これ、「能率の能」だけど他県の人は「脳が悪い」で「頭が悪い」〜「お前は馬鹿だ」と言われていると思って喧嘩になっちゃうの。草と関係なくなっちゃった。
カエル爺さん
2011/01/12 05:40
<カエル爺さんへ>
おはようございます。昨年は高知県は凄いフィーバーでしたでしょうね。
TVの影響力って凄いですものね。
今年もまだ暫く続くのではないでしょうか?
はっきり物を言うたちですので、ご気分を悪くなさる事もおありかとは存じますが、言ってしまえばケロケロと蛙の様な性格です。
前世は蛙だったのかもしれません。(エヘッ!)
昨日もカメラで身体の中を覗いて貰って来ました。
病気はありましたが、黒くは無かったですよ。
kako狸
2011/01/12 05:41
<カエル爺さんへ>
おはようございます。まあ香川県にはそんな1000件を越えるうどん屋さんがあるのですか?
それで良くお商売が成り立ちますね。
喫茶店にもうどんがメニューに載っていると言うのが不思議な気がします。
カエル爺さんもうどんの梯子にお出掛けになられますか?
やはり本場讃岐のうどんは美味しいのでしょうね。
引っ越さなくてもいいですよ。
どうぞ、この1月8日に住み続けていて下さいませ・・・
カエル爺さんの町にもマック、モス、ミスド、ガストがおありですか。
本当に全国展開のチェーン店ですね。
「まっこと、のうがわるい」の本来の意味は絶対に高知の方で無いと分かりませんね。
当然頭が悪いのだと想ってしまいますが、前の話からいきなり頭が悪いなんて言い出されたら、面食らいますよ。
kako狸
2011/01/12 05:53
まだいるよ。そうですか、カメラを飲まれましたか?御大事になさって下さいね。超ど級の病気、手術、入院なら蛙も負けてはいませんが、それは置いといて。蛙は異物を呑んだら胃袋出して手で洗うんだよ。ほんとの話。龍馬が終わったんで、今年は閑古鳥県に戻りますよ、きっと。後片付けも終わったし、いつまでも居ると家主さんにも迷惑が掛かるしね。また別の日のブログへお引越ししますね。お付き合い、ありがとね。それでは、またね!さようなら。土佐弁に翻訳すると、ほんなら、またねや!さえなら。・・・・・closed
カエル爺さん
2011/01/12 08:45
<カエル爺さんへ>
こんにちは。おっ!またおいで下さいましたね。
ってか、住み着いておられるのでしたものね。
失礼しました。
カメラ美味しくは無かったけれど飲み込みました。
お心遣い有り難うございます。
「ゆっくり良く噛んで食べろ!」と言われました。
そして「食べて直ぐに横にはなるな。」とか!
食べて直ぐ横になると狸が牛になるのですものね。
牛は嫌です。
私も命に関わる病気では負けませんけど、一命をとり止めて現在に至っております。
棺桶に片足を突っ込んでいたのですが、現世に舞い戻って来てしまいました。
蛙は凄い特技があるのですね。
狸もそんな事が出来たら病気もすっかり治るかも。
高知県も今年からはまた静かな県に戻りますか。
「ほんなら、またねや!さえなら。」
面白い言い回しですね。
「またおいで・・・」
kako狸
2011/01/12 17:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北信にて<7> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる