kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 山梨<1>

<<   作成日時 : 2010/12/29 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

<ナベナ>鍋菜

画像

<ヤマハッカ>山薄荷
画像

<ノササゲ>野大角豆
画像

<イヌショウマ>犬升麻
<オオバショウマ>大葉升麻    2010.12.30訂正
画像

カエル爺さんに教えて頂きました。
カエル爺さん有り難うございました。

<ヤクシソウ>薬師草
画像

<ハナイカリ>花錨
画像

<タカオヒゴタイ>高尾平江帯
クリックしてみて下さい。
お顔がアップになります。

画像

9月中旬に来年登る山の下見に行って来ました。

ファイルNo199

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ナベナな鍋菜なんですか。どうみても鍋に見えないんですが、鍋に入れて食べるのでしょうか。いい色ですね。
ヤクシソウの黄色は暖かい感じで好きです。
タカオヒゴタイ様のお顔、はっきり拝見させていただきました。総苞と花色のコントラストととてもいいです。
エフ・エム
2010/12/29 09:39
ノササゲと思って表示したら間違いでした。
写真をよく見ておきます。
タカオヒゴタイのお顔 別嬪さんですね。個性派の御嬢さんです。

今年もあとわずかとなりました。
妻がぼやいています。”お父さんは好きなブログばかりかかりきりでよろしいですね。”
子供や孫のため おせち料理をつっくています。
kakoさまもお忙しいでしょう。主婦は大変だと思います。その点 旦那は呑気です。
sjhuuter
2010/12/29 16:48
タカオイゴタイ  青紫の 葯が 花の外に 
飛び出て 先がカールして・・と 本当に 
お洒落な 花ですね。
shuuterさんの >個性派・に 賛同します。
師走の 慌ただしい時に 京都へ 出かけたので、
大童。なんとか 乗り切らねばと頑張っています。
主婦は この時期 くたびれますね。 
たかようじ
URL
2010/12/29 17:41
こんばんは。ノササゲはリクエストに答えて頂いたようで片腹痛いは・・違う違う、胸が(腹ではなく)あつくなりました。イヌショウマと言うからには対になるべき○○ショウマと言う植物があるはずなのですがホンショウマやシンショウマなどが無いのでサラシナショウマなのでしょうね。葉や花のつき方などからはオオバショウマがしっくりくるのですが。ヤクシソウは変異種が多くハナヤクシソウ、ウスイロヤクシソウと呼ばれる種もあります。また近種との自然交雑もあり同属のクサノオウバノギクやヤクシワダン属(アゼトウナ属)のアゼトウナとの交雑種も報告されています。タカオヒゴタイは生育地限定種のようですが、高知にもトウヒレン属は9種ほど確認されており、その中に高知と徳島の一部でのみ生育するトサトウヒレンという種があります。今日のコメントは捻りが足りないな。
カエル爺さん
2010/12/30 00:35
<エフ・エムさんへ>
おはようございます。<マツムシソウ>と同じ科の<ナベナ>ですが、以前謂われはと調べた事がありましたが、結局分かりませんでした。
どの図鑑にも不明と書かれていますね。
私も前から鍋には欠かせない野草だったのか?なんて勝手に思いましたけど、そんな事はないですものね。
最後のさいごの残り花ではありましたが、去年も見ていないので2年ぶりに逢えました。
<ヤクシソウ>は花後のうな垂れる姿が哀れな感じを受けますが、花は目を引く黄色で良いですね。
<タカオヒゴタイ>のお顔のアップも見て下さいましたか。
総苞と花色のコントラストいいですか。
アップで写しておいて良かったです。
kako狸
2010/12/30 06:14
<shuuterさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
shuuterさんが写された<ノササゲ>だと思っておられた植物は違っていましたか?
それとも私が違っている?
<タカオヒゴタイ>も結構いけてるでしょう!
今風にカールまでして・・・

今年もいよいよ今日と明日の2日ですね。
奥様は昨日からおせち料理に取り掛かられましたか。
私は昨日は今年最後の忘年会で盛り上がっていました。
昨日はPCの前におられたshuuterさんとおんなじです。
ですが、今日、明日は一日中キッチンでおせち作りです。
さて、黒豆を火に掛け、栗きんとんからでも作りますか。
その次は伊達巻です。
途中には墓参りにも行って来なくちゃいけないし!
忙しい一日の始まりです。
shuuterさんの奥様もお忙しく美味しいおせちをお作りなのでしょうね。
shuuterさんは奥様のお手伝いはなさいませんか?
お正月は子供さんやお孫さんたちもお見えになりお賑やかなのでしょうね。
羨ましい光景が目に浮びます。
kako狸
2010/12/30 06:28
<たかようじさんへ>
おはようございます。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<タカオヒゴタイ>もお洒落な花でしょう!
個性派でしょうかね。
暮れも押し迫ってから京都にお出掛けでしたか?
何と羨ましい事でしょう。
きっと美味しいものもお召し上がりでしたのでしょうね。
冬の京都も良いでしょうね。
それではお戻りになられてからは例年よりお忙しいですね。
でも愉しい思いをなさってみえたのだから、それはしょうがないですよ。
くたびれて疲労を残さない程度に頑張って下さい。
磨いても綺麗にもならない私の出来る範囲の家の大掃除は終ったので、後はおせち料理作りです。
まあ2日掛けて作っておけばお正月の間はあと1〜2品ちょこちょこっと作れば楽が出来ますからね。
1日からスーパーも開いているのだし、そこまで作らなくてもと毎年思うのですけど、また今年も例年通りに作る事にしました。
でも量は少し少なめにとは思っているのですよ。
kako狸
2010/12/30 06:41
<カエル爺さんへ>
おはようございます。<ヤブマメ>から間を空けずに<ノササゲ>を登場させられて良かったです。
あらっ、<イヌショウマ>はご指摘の様に<オオバショウマ>でしたね。
有り難うございます。
訂正しておきます。
葉も違うのに直感で名前を付けてしまうから何時も間違いばかりです。
<ヤクシソウ>もそんなに種類があるのですか?
どれもこれも私は<ヤクシソウ>です。
お時間が許す時にまた詳しくお教え下さいませ。
<トサトウヒレン>と言う地域限定種がありますか?
見て見たいものです。
今後とも宜しくご指導のほどお願い申し上げます。
kako狸
2010/12/30 07:01
こんにちは。あれっ?私、イヌショウマの同定にケチをつけた訳ではないのですよ。もし、そのように読み取られたとしたらごめんなさい。ただ「イヌ」と名前のつく植物は本物に対して役に立たないとか似ているとかでつけられたものが多い「多いと書いたのは別の意味合いからつけられたイヌハギなどの名もあるので」ので、あくまでもイヌショウマの名前の元となった植物として直立した花序に花が疎らにつく様や葉の形がサラシナショウマよりはオオバショウマに似ているかな?位の気持ちでコメントした訳で同定をしていた訳ではないのですよ。ご理解下さい。長くなりますがヤクシソウは一般的にはヤクシソウで括って正解なのですが面倒臭い学者どもは葉に切れ込みのあるものをハナヤクシソウ、頭花の色が淡い(アキノノゲシ様)ものをウスイロヤクシソウと分類しています。ヤクシソウは自生環境により同属でなくても近種であればすぐに交雑してしまう身持ちのよろしくない娘さんなので御両親?はさぞやお嘆きのことでしょうね。今日はこんな感じです。
カエル爺さん
2010/12/30 15:49
<カエル爺さんへ>
おはようございます。ケチをつけられたなんてこれっぽっちも思っておりません。
<オオバショウマ>なんて頭の中からすっかり抜け落ちておりまして、<サラシナショウマ>ではないし、それじゃあ<イヌショウマ>じゃわい!はい、決まり!でしたもの。
嬉しく、有り難いご指南でしたよ。
感謝こそすれケチがつたなんて事が有ろう筈がないじゃありませんか。
実際の犬は私よりおりこうなのに何で役に立たない植物に犬と冠するのでしょうね。
私には同定して下さったも同じです。
ほぉ〜んと有り難い事です。
拙い写真で肝心な所が写っていなかったりでしょうに、そこまで真剣に見ていて下さる事にも感謝しているのですよ。
<ヤクシソウ>も分けると色々とややっこしそうですね。
<ハナヤクシソウ>・<ウスイロヤクシソウ>なんてのもあるのですか?
名前すら初めてです。
来季は葉の切れ込みや、頭花の色も注意して見て見る事にします。
今まで<ヤクシソウ>は1種と思っておりましたので、葉にまで注目していませんでした。
この写真でもお分かりの様に葉をしっかり写していませんでしょう。
えっ!その上に身持ちまで良くないのですか?
こりゃあ困りました。
私じゃ手に負えそうにありませんかね。
でも、新しい植物を教えて頂いて、何時逢えるかな?っ願っているのも愉しいものです。
世界を広げて頂きそれも有り難いです。
kako狸
2010/12/31 05:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山梨<1> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる