kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩<1>

<<   作成日時 : 2010/12/27 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 10

<ヤブマメ>藪豆

画像

<ヤマホロシ>山保呂之
画像

<マツカゼソウ>松風草
画像画像


<ヤマホトトギス>山杜鵑草
画像

<ヤマジノホトトギス>山路の杜鵑草
画像

画像

画像

<キバナアキギリ>黄花秋桐
画像

<セキヤノアキチョウジ>関屋の秋丁字
画像

<ハエドクソウ>蠅毒草
画像

<チヂミザサ>縮笹
画像

9月半ばの奥多摩です。

ファイルNo189

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
自生している野草たちの開花時期がわかって、良い勉強になります。
それにしても、種々野草の名前をご存知でびっくり、とても付いていけないですわ!!
saganosaanyaso
2010/12/27 07:42
<saganosayasoさんへ>
おはようございます。早速のお越し有り難うございます。その上気持ち玉まで頂戴し重ねて御礼申し上げます。
やはり私は自生している山野草を求めて歩き回っているのがあっているのかと思います。
saganosanyasoさんの様に自分では上手に育てられませんから。
名前付けも分からないままアップの日が来てしまったりで、皆様のお力もお借りしております。
見た事のある山野草だって1年経ってしまうと「あれなんだったっけ?」の繰り返しでお恥ずかしい次第です。
年々その数が増えているようにも感じられて恐ろしいものがあります。
kako狸
2010/12/27 08:03
おはようございます。
ヤマホロシ 自生する写真初めて拝見いたします。
以前庭にあったヤマホロシは園芸品種と言われ、落ち込んでいたことがあります。
六甲山系にはほとんどないとか聞きます。
和名 山保呂之と書くのですね。憶えておきます。
いいもの見せていただき有難うございました。
shuuter
2010/12/27 10:30
こんにちは。馴染み深い植物となってきました。年末の今となってはどれも懐かしく感じてしまいます。ヤブマメは田んぼ縁でも咲いていましたよ。私はいつも花の形からノササゲと対で考えてしまいます。皆さんのブログでヒヨドリジョウゴは多く採り上げられていたのですがヤマホロシは初めてかな?近種が幾つかあり皆さん、UPを躊躇われたのかな?チヂミザサは地味で目立たない植物ですがマクロで覗くと妙な形をした小穂の綺麗さに驚かされますね。この仲間には図鑑などに載っているケ〜、コ〜の他にもエダウチ〜、チャボ〜などが確認されています。
カエル爺さん
2010/12/27 12:17
キバナアキギリの花はなんとなくユーモラスです。大きく口をあけ、長い鼻、天狗を連想するのですが、色は天狗とは違いますね。
アキチョウジは関西に、セキヤノアキチョウジは関東に分布すると聞いたことがあります。どこがどう違うのか分かりません。
チジミザサはそろそろひっつきむしに変身でしょうか。あのべたべたは一番嫌です。
エフ・エム
2010/12/27 16:05
<shuuterさんへ>
こんにちは。沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
お庭の<ヤマホロシ>は園芸品種だったなんて事がありましたか。
最近は山にも逃げ出した子がいますからどうでしょうね。
自生種だとは思うのですけどね。
園芸品種で落ち込まれましたか?
気にしない!気にしない!
六甲山には生えていないのですか?
へぇ〜そうなんだ。
<山保呂之>は人の名前のようですね。
kako狸
2010/12/27 18:07
<カエル爺さんへ>
こんにちは。お馴染みさんの登場でしたか。
<ノササゲ>も咲いていましたが、まだ登場していませんね。
<ヒヨドリジョウゴ>も今年は大量なのを見ました。
こんなにあるのかと吃驚したほどです。
山梨県だったかしら!?
<ヤマホロシ>は皆さんあまり取り上げておられませんか?
私も明日アップする実でまた悩んでいます。
葉っぱにギザギザが・・・
<マルバノホロシ>でも<ハダカホオズキ>でも無さそうだし・・・
また時間切れになりそうです。
年の瀬に図鑑をじっくり見てもいられないし、PCの前にも座っちゃいられませんものね。
まあまた番号で載せておきましょう。
引っ付き虫の<チヂミザサ>ですが、ピンク色に染まっていたり写真を写す分には可愛いです。
<エダウチ〜>や<チャボ〜>まであるのですか?
何処で見分けたら良いのやら・・・
素人狸には出来そうもないからやめておきましょう。
kako狸
2010/12/27 18:34
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。<キバナアキギリ>は大らかなのか何時も大きな口を開けて笑っていますね。
そして鼻も大きくてね。
エフ・エムさんは天狗を連想なさいましたか。
私は何時もピエロに見えるのですよ。
私は<アキチョウジ>は植栽しか見た事がありませんが、第一印象は<セキヤノアキチョウジ>の方が華奢で繊細な感じがしますよ。
<アキチョウジ>はずんぐりむっくりした感じです。
<チヂミザサ>は写真を写すだけなら良いのですが、ひとたび気に入られたら大変です。
ただくっ付いて来るのではなくてあのベタベタがねぇ〜。
触らぬ神に・・・ですね。
kako狸
2010/12/27 18:34
こっそり居ついておりまする。ここでコメントするのは場違いではとも思ったのですが、話のつながりでコメントさせて頂きます。<shuuter>さんが書かれていた「ヤマホロシの園芸種」なのですが、じつはヨーロッパ原産のセイヨウヤマホロシと言う植物があります。昭和初期に薬用、観賞用に輸入されたもので葉に斑の入ったものなどが園芸用として流通しているようです。参考までに。
カエル爺さん
2010/12/28 23:38
<カエル爺さんへ>
おはようございます。おかまいは出来ませんが長居も大歓迎です。
我家に遊びに来る友人も結構長っ尻が多いのですよ。
友人が来ていても私も勝手な事をしている事もありますし。
友人を放って夕食の支度をしている時もあり、出来たら「ご一緒にどうぞ。」なんて日もあります。
我家にも買って来た<ヤマホロシ>はありますが、あれは<セイヨウヤマホロシ>って言うのですか?
ご近所でフェンスに絡んで咲いていたのを見た時に名前が分からずにアップした時には、ブログ友さんに名前を教えて頂いた記憶があります。
それも<セイヨウヤマホロシ>なのでしょうね。
もうかれこれ5年くらい前になるでしょうか。
そのブログ記事を探すのも骨が折れる年月が過ぎ去りました。
お教え頂き有り難うございました。
kako狸
2010/12/29 05:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奥多摩<1> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる