kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 渓流に沿って

<<   作成日時 : 2010/12/17 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 14

<テングクワガタ>天狗鍬形

画像画像


<イワセントウソウ>岩仙洞草
画像

<アカバナ>赤花
画像

<サンリンソウ>三輪草
画像

<ハナイカリ>花碇
画像

<アキノウナギツカミ>秋の鰻攫み
画像

<ゴマナ>胡麻菜
画像

<ノコンギク>野紺菊
画像

<ベンケイソウ>弁慶草
別名<イキクサ>とも言う。
画像

<ツリフネソウ>釣船草
画像

<アキノキリンソウ>秋の麒麟草
画像

<トリカブト>鳥兜
画像

画像画像


もう暫く8月末に見た植物が続きます。

ファイルNo59

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
あまりに 素敵な 花々で、困りました。
この中で 一番 地味な ハナイカリ。
淡黄色から 黄緑の 変わった形の 花。
一見 大人しく見えるけれど、動きのある花が
面白く、 飽きが きません。
それと真逆な 豪華絢爛 ツリフネソウ。
紅紫の花を 突き出し、 皆を 誘います。
こちらは 奇抜な 造形に、 見惚れますね。
たかようじ
URL
2010/12/17 09:03
可憐な花なのになぜ天狗なのかよく分かりません。
サンリンソウは3輪の花が多かったですか。
平均すると3輪なのかしら。
ベンケイソウ、いい色ですね。
園芸植物にはいろいろなベンケイソウがあるけれども、これが元祖ベンケイソウなのでしょうか。
エフ・エム
2010/12/17 14:05
私が見た花が少しあります。ツリフネソウはアップのぐあいでしょうか、幅が広い感じですね。花全体も大きいのでしょうかね。

大蔵省の認可がおり私専用のPCを買い換えました。
TVが映るようです。接続とセットがなかなかすすみません。苦戦して居ます。
shuuter
2010/12/17 14:08
テングクワガタ、ベンケイソウは高知では見られないので実物を見てみたいものです。クワガタソウの仲間はどれも花が似ているので、なんとなく親近感がわきます。オオイヌノフグリ、イヌノフグリ、タチイヌノフグリ、フラサバソウ、カワヂシャなどが近場で見られる仲間です。最後にUPされているトリカブトはトリカブトとしての植物名はないのでヤマトリカブトなのでしょうか?しかし葉が細長く切れ込みが深いことからホソバ〜、ミヤマ〜も選択肢に入るのでしょうか?詳しい生育地を知らないのでコメントはいつもの通り出鱈目ですが。
カエル爺さん
2010/12/17 14:58
<たかようじさんへ>
こんにちは。何時も沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
皆様には時季外れの山野草を見て頂くことになって申し訳ない気持でいっばいですが、私は花の少ない時季に思い出しながら写真の整理をして遊べるので、結構この作業が気に入っています。
そんな私にお付き合い頂き有り難うございます。
一見地味な<ハナイカリ>ですが距の先が臙脂色に染まっていておしゃれでしょう。
<ツリフネソウ>はゆらゆらと儚げに揺れ、風に身を任せていましたよ。
種は<ホウセンカ>の種と同じで指先の中で弾ける時の指に伝わる感覚がぞくっとします。
良くあそんでしまいます。
花形も色々で飽きませんね。
kako狸
2010/12/17 17:58
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。どうして<テング>と冠されているのでしょうね。
私の持っている図鑑には出ていませんでした。
何時もはもっと沢山咲いている<サンリンソウ>ですが、この時はこの一輪しか咲いていませんでした。
<ベンケイソウ>もこの1本しか生えていませんでしたし。
<カランコエ>や<コモチベンケイソウ>など可愛らしい<ベンケイソウ>の仲間も沢山ありますものね。
野生種はこれか<ミセバヤ>あたりでしょうから、これが園芸種の元なのでしょうね。
kako狸
2010/12/17 18:14
<shuuterさんへ>
こんにちは。何時も気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ツリフネソウ>はshuuterさんがご覧になられたのと同じ大きさだと思います。
大きく幅広く見えるのは1aまで近寄って写したせいでしょう。
あら、大蔵大臣のお許しが出て新しいPCがお手元に入りましたか。
良かったですね。
今までは何方かと共有でしたか?
早く接続が完了してPCライフが充実すると良いですね。
頑張って下さい。
私は明日は友人に誘われ久し振りに山梨県まで行って来ます。
kako狸
2010/12/17 18:30
<カエル爺さんへ>
こんにちは。高知県には<テングクワガタ>も<ベンケイソウ>も生えていませんか?
県下で見られない植物が結構多いのですね。
それは瀬戸内海が間にあるせいなのでしょうか?
それとも、もっと北にしか生えていないためですか?
<トリカブト>は勿論何か冠されるはずなのです。
私も以前は怖いもの知らずか、ただ無鉄砲なためか、なんだかんだと冠してアップしていたのですよ。
でも<トリカブト>の同定は花を分解してみないと正確な同定が出来ないと聞き、それからは<トリカブト>としてアップしています。
葉など特徴がありお分かりならお教え頂けると有り難いです。
山荘前の黒板には今咲いている山野草としてチョークで<ホソバトリカブト>と書いてはあったのですが、それがどうも違っている様なのです。
kako狸
2010/12/17 18:41
テングクワガタ・イワセントウソウなんて初めて見せて頂きました。
いつも美しい画像で知りながら・楽しんでいます。
有り難うございます。
ハッピー
2010/12/18 07:25
失礼しました。kako狸さんほどの知識をお持ちの方がトリカブトと表記されるのはおかしいなと思ってのコメントでした。葉の形辺りで同定出来るのではと単純に思っていたのですが、実際は変異、交雑種、混生生育もあるようで、完全同定は専門家の知識が必要なようですね。高知でトリカブト属はシコクブシ、タンナトリカブト、サンヨウブシ、レイジンソウなどが確認されています。お返事を読ませて頂き、トリカブトと掲載されるに至る経緯が分かりました。ごめんなさい。
カエル爺さん
2010/12/18 23:07
<ハッピーさんへ>
こんばんは。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<テングクワガタ>も<イワセントウソウ>も初めてでしたか。
今年はここの<テングクワガタ>は少なかったですが、
歩く所にも沢山カーペット状に生えていますので、可哀想ですが踏まないで進むことが出来ない時も多いのですよ。
写真は下手くそですが可愛らしさが伝われば嬉しいです。
kako狸
2010/12/19 20:27
<カエル爺さんへ>
こんばんは。知識があるなんてとんでもないです。
穴があったら、いえ、穴を自分で掘ってでも隠れたい心境ですよ。
植物の知識がないから苦労しているのです。
<トリカブト>もそうですが、<オトギリソウ>でも困っています。
今年<アカテンオトギリ>が見たくてビジターセンターの職員に話を聞いている時に「100株見たらその内の1株あるかないか。」との話から、今まで<シナノオトギリ>と名前を付けていた<オトギリソウ>も正確にはDNA鑑定をしないとなんて話にまで発展してしまい、最近は<オトギリソウ>としか名前を付けていません。
素人には難しすぎます。
kako狸
2010/12/19 20:28
なるほど、オトギリソウですか。私のような地べたを這い回るのが主の人間でもオトギリソウ属には苦労させられています。高知ではオトギリソウ科でオトギリの名を冠する種が10種確認されていますが、その中の数種は素人の同定は無理なようです。高知にはトサオトギリという県の固有種があったのですが、1994年を最後に現在まで確認されていません。kako狸さんのご苦労、本当によくわかります。すみません。またまた同じ場所で長居いたしました。
カエル爺さん
2010/12/19 23:01
<カエル爺さんへ>
おはようございます。何度ものコメントいたみいります。
<オトギリソウ>の同定はカエル爺さんほどの方でも難しいのですか。
それでは私などには到底同定出来そうにありません。
県下では<オトギリ>の名を冠する種が10種と分かっているだけでも情報としては有り難い事ですね。
<トサオトギリ>と言う固有種も以前はありましたか?
名前すら知りませんでした。
見られなくなった由残念ですね。
kako狸
2010/12/20 05:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
渓流に沿って kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる