kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科<2>

<<   作成日時 : 2010/11/26 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 18

<ユウスゲ>夕菅・夕萓

画像画像


<オミナエシ>女郎花
画像

<クサレダマ>草連玉
画像

<オヤマボクチ>雄山火口
画像

<チダケサシ>乳茸刺
画像

<タカトウダイ>高灯台
画像

<サワギキョウ>沢桔梗
画像
画像画像


ファイルNo78

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
夕方より、開き始める ”ユウスゲ”の花。
名前の 響きも、 優雅で  たおやか。
花は 淡い 黄色。
まさに 美人薄命の イメージ そのものだ。
と、私は 捉えています。 
たかようじ
URL
2010/11/26 09:22
サワギキョウの紫がとてもさわやかですね。
サワギキョウ属(Lobelia)の植物もヴァラエティーに富んだ植物のように思います。ミゾカクシみたいに小さく可愛いのもありますね。おなじみの園芸植物ロベリアも可愛いです。
しかし、驚くのはキリマンジャロに咲くジャイアントロベリア、NHKの「世界の名峰花紀行」に登場していましたが、大きく、怪物みたいなすがたにこれもサワギキョウの仲間かとびっくりしました。
エフ・エム
2010/11/26 14:58
ユウスゲは夕方咲いて朝には閉じるのですね。
兵庫県ではレッドデターランクCとか。
可愛い花です。いつまでも咲いてほしいですね。
オヤマボクチは私が見たのより太くたくましい感じです。茎が太いですね。
shuuter
2010/11/26 16:49
少しご無沙汰をしておりました。今日は暗い背景でいっそう鮮やかに映し出されたユウスゲ。この檸檬色の花は本当に美しいですね。私の家から10分ほどの所に県内有数の群生地があり、夏の夕方は野草好きの人々で賑わいます。
カエル爺さん
2010/11/26 21:13
こんばんわ!

 <ユウスゲ>
花もキレイですが、名前がなんともいいですね〜

夕方に咲くの?
『孤 独』
2010/11/26 21:56
<たかようじさんへ>
おはようございます。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ユウスゲ>は名前も優雅ですし、花の姿も名に相応しいですね。
それも夕方の開花ではあまり多くの人に見てもらえずに命を落すのは何とも惜しいです。
仰る様に美人薄命ですね。
kako狸
2010/11/27 05:50
<エフ・エムさんへ>
おはようございます。今年は何箇所かで<サワギキョウ>を見る事が出来ましたが、シーズンに1度は見て見たいと思う山野草です。
もう<サワギキョウ>が咲く季節なのだと実感したいためでしょうか。
<ミゾカクシ>や園芸種の<ロベリア>も同じお仲間でしたね。
でも<ジャイアントロベリア>が<サワギキョウ>と同じお仲間とは私には思えません。
驚きました。
kako狸
2010/11/27 06:01
<shuurterさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
<ユウスゲ>は本当に儚い花ですね。
兵庫県ではレッドデターランクCですか?
赤信号が付いているのですね。
私が見る長野県でも<ニッコウキスゲ>同様、鹿の食害で株数が激減している様に感じています。
私でも年々減っているのが分かる程ですからね。
鹿との共存は難しいのでしょうかね。
何時までも見ていたいものですね。
<オヤマボクチ>も背高く逞しくて、下の植物を威圧していましたよ。
今にも下の植物に吼えかかりそうでしょう。
何か怒鳴り声でも聞こえてきそうでしたよ。
kako狸
2010/11/27 06:44
<カエル爺さんへ>
おはようございます。忘れずのお訪ね有り難うございます。
<ユウスゲ>のレモンイエローは清々しくて、比べてはなんですが<ニッコウキスゲ>より好きです。
高知県でもお家のお近くに<ユウスゲ>の群生地がおありですか?
それは良いですね。
鹿の食害も無いのでしょか?
此処の所<ユウスゲ>の群生にはとんとお目に掛かっていません。
私も近くでしたら是非来年は見に伺いたいくらいです。
残念ですぅ〜。
kako狸
2010/11/27 06:51
<『孤 独』さんへ>
おはようございます。<ユウスゲ>と言う素敵な名前にも負けない花も綺麗さでしょう。
そしてレモンイエローの花色にも魅力があるでしょう!
夕方に咲いて一日花とは儚い命ですね。
もっと花の一生も長いと良いのに・・・
せめて数日・・・
kako狸
2010/11/27 06:56
この花がユウスゲですか!
小説などでよく聞いたと思いますが、名前と実物が一緒になりませんでした。
見たいものです。
ハッピー
2010/11/27 10:35
近所?でもないか?地元のユウスゲの里は標高もせいぜい100メートルほどの場所で近くには民家もあり上にはゴルフ場もあるような場所なのでシカなどの被害はないようですよ。低山の谷あいという感じで水田や大きな用水池などがあり、林縁ではイカリソウの仲間やスズサイコなども生えているような環境です。民家近くの群生は珍しいのでしょうか?
カエル爺さん
2010/11/27 17:20
<ハッピーさんへ>
おはようございます。八ヶ岳<1>からずっと見て頂き沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
はい、美智子皇后陛下がお好きな<ユウスゲ>です。
天皇・皇后両陛下が東久留米の施設を御訪問の帰り、近所をお通りになるとの事でスーパーの買い物帰りでしたが、重たい大きな買い物袋を下げてお待ちしていると、程なくゆっくりと車が通りかかりました。
手を振る沿道の皆に、窓を開けて両陛下が手を振ってこたえられておられました。
その時に美智子様がお召しになっておられたスーツとお帽子がレモンイエローだったのですが、きっと皇后様は<ユウスゲ>色だからとお作りになられたのではないのかしらと、<ユウスゲ>を改めて見た時に思いました。
実際に御覧になれると良いですね。
kako狸
2010/11/28 05:48
<カエル爺さんへ>
おはようございます。まあ!標高100bの所で<ユウスゲ>が咲くのですか?
そんな所で見た事が無いので吃驚です。
私が見たのは標高は1600b位でしょうね。
コメントのお返事を書いていて、四国には鹿はいないのかとも思いましたが、鹿がいてもそこまでは出てきませんか。
蓼科では結構民家近くや別荘群に現れて驚く事があります。
<イカリソウ>も<スズサイコ>も生えていますか。
お近くに良い環境の所があっていいですね。
何時までもその自然が残っていて欲しいものですね。
kako狸
2010/11/28 05:57
たびたび失礼いたします。あまりの標高差に、ひょっとして、いつもの勘違いかと調べ直して見たのですが、ユウスゲに間違いないようです。夕方、風呂上りで浴衣に下駄履きで見られるような場所です。鹿の被害は高知でも深刻で山間部の畑、樹林などは大変な被害が出ています。特に徳島県と接する剣山近くにある三嶺(高知県名さんれい、徳島県名みうね)【1893m】では自生する樹木、植物を食い荒らして坊主山状態になりつつあるそうですよ。いろいろ関係者やボランティアが頑張られているようですが、鹿の数が多く、苦労されているようです。
カエル爺さん
2010/11/28 13:49
<カエル爺さんへ>
おはようございます。<ユウスゲ>はそんな低地にも生えているのですね。
お風呂上がりに浴衣がけで見られるなんて最高ですね。
何て羨ましいのでしょう。
私が見るのが毎年標高の高い所ですが、普通は低地に咲く山野草なのでしょうか?
やはり鹿の食害は何処でも深刻な様ですね。
冬場は木の皮まで剥いでしまい同じ高さの所がぐるりと剥けているのを見るのは痛々しいです。
段々と木も弱ってしまうのでしょうね。
どうしようもないものでしょうか?
鹿も可愛らしいけれど増えすぎるのはどうもいただけませんね。
kako狸
2010/11/29 05:47
おはようございます。いつまでも居ついてしまい申し訳ありません。調べ物をしていて気がついたのですが、もし「山渓ハンディ図鑑2【山に咲く花】」をお持ちでしたら466〜467ページに私の紹介したユウスゲの群生地が大きく載っています。写真からでは想像しにくいかも知れませんが、すぐ近くには集落があるような場所です。お邪魔しました。
カエル爺さん
2010/11/30 01:29
<カエル爺さんへ>
おはようございます。何度もお訪ね頂き情報提供有り難うございます。
高知県土佐山田町での<ユウスゲ>の群生の写真は記憶に残っていました。
このお近くでいらしたのですか?
良い環境にお住まいですね。
kako狸
2010/11/30 05:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蓼科<2> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる