kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の湿原<5>

<<   作成日時 : 2010/11/17 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

<シシウド>猪独活

画像

画像画像


<ノアザミ>野薊
画像画像


<キバナノカワラマツバ>黄花の河原松葉
画像

<ノコギリソウ>鋸草
画像

画像

<ツリフネソウ>釣船草
画像

画像

画像画像


ファイルNo48

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
元気溌剌 ノアザミ 何か 悪さしようかなって
顔しています。 キバナノカワラマツバ 風流な
名前の 割には、 地味で、 見過ごされそう。
さすが 貫禄 ツリフネソウ。 紅紫の 頭を
優美に 振りながら、存在感を アピール
しています。
たかようじ
URL
2010/11/17 10:11
シシウドはやはり貫禄がありますね。2枚目、3枚目の写真のものはすがたがとてもいいです。小さな草花もかわいいけれど、こういう大きなすがたをみるのも気持がいいのではないでしょうか。
キバナノカワラマツバ、ツリフネソウなどなど、多彩な花が見られる草原ですね。
エフ・エム
2010/11/17 11:30
こんにちは。以前、シシウドを標本にした時、押してからしばらく放って置いたら、カビは生える、虫は湧くで大変でした。ノコギリソウは高知では自生していません。(以前、亜種のアソノコギリソウの報告があったようなのですが)良く見かけるのは帰化植物のセイヨウノコギリソウばかりです。
カエル爺さん
2010/11/17 12:31
シシウドが出てきましたね。
私が取り上げた”シシウド”は他の草であったと思います。
他の場所でシシウドを見たのですが ウド特有の茎の型をしていました。では(?)であったかわかりませんが 来年同じ場所に生えたら確認したみたいです。

ノコギリソウは園芸品種で見かけますが、自生のもは見ておりません。葉がノコギリ状になっているのですね。
力強い感じを受けます。
ツリフネソウはお目にかかり記憶いたしております。

shuuter
2010/11/17 19:10
こんばんわ!

なんで猪のウドなのかな〜?
イノシシが食べるのかな〜 

食用ユリ根は、ほとんどがコオニユリです
山ではなく畑で栽培するのかと思いますが?

我が家で昨年まで咲いた小鬼百合の写真です ↓ ↓

http://samuchan.at.webry.info/200907/article_2.html
『孤 独』
2010/11/17 22:48
<たかようじさんへ>
おはようございます。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
<ノアザミ>は悪巧みを考えている様に見えましたか?
悪戯好きで困っているのですよ。
何かやめさせる良い方法は無いものでしょうか?
<キバナノカワラマツバ>は仰る様に楚々としていて目立ちませんね。
でも名前は洒落ているでしょう。
<ツリフネソウ>はゆらゆらと儚げに揺れて何処に船出をしようとしているのでしょうね。
kako狸
2010/11/18 05:35
<エフ・エムさんへ>
おはようございます。<シシウド>の様に草原や湿原で遠目からも良く分かる威風堂々とした植物もまた良いものですね。
2.3枚目のものは貫禄充分でした。
下ばかり向いて写していることが多いですが、<シシウド>などの大きな植物を写すとホッとしますね。
此処では何種類の山野草を見たでしょう。
27〜28種類は見ましたかしら。
季節によってもまた楽しめる所です。
kako狸
2010/11/18 05:43
<カエル爺さんへ>
おはようございます。<シシウド>を標本になさったのですか?
やはりおやりになる事が本格的ですね。
<シシウド>の様なセリ科の植物は名前は判りませんが、何時も小さな虫が沢山たかっていますよね。
そんな虫たちが悪さをして、カビや虫がわいたりしたのでしょうか?
小学校の夏休みの自由研究って言うのかしら、その時に押し花をしたくらいで、最近はしていません。
<ノコギリソウ>も高知では見られませんか?
見られるのは<セイヨウノコギリソウ>ですか。
kako狸
2010/11/18 05:51
<shuuterさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
そう言えばshuuterさんが取り上げられた<シシウド>はやけにスマートでなよなよした感じがしましたものね。
来年のお楽しみですね。
<ノコギリソウ>は頭でっかちですが、結構茎もしっかりしていて、しゃきっと背筋を伸ばして立っていました。
<ツリフネソウ>はゆらゆらと揺れて、一斉に船出するのを待っている様で見応えがありましたよ。
群生すると見事ですね。
kako狸
2010/11/18 05:58
<『孤 独』さんへ>
おはようございます。<シシウド>って図体が大きい所から猪や独活って付けられたのかと思っていました。
百合根を栽培するのはやはり山じゃなくて畑なのでしょうね。
見せて頂きました。
なんて見事な<コオニユリ>で、花付きが良いのでしょう。
山で見るのとはやはり違いますね。
<オニユリ>かと思う程です。
吃驚しました。
kako狸
2010/11/18 07:20
こっそり失礼いたします。標本は私の趣味ではなく、一時期、とある機関から依頼を受け、身近にある植物の標本を作って提出していました。本当は写真を撮るだけの趣味なので(自然に生えている姿が一番美しいと思っている)初めは抵抗もあったのですが、学術研究ということで、協力していたのでした。これ、ご返事は結構です。
カエル爺さん
2010/11/18 10:29
<カエル爺さんへ>
こんにちは。こっそりなんて仰らないで正々堂々と正面玄関からお越し下さいませ。
依頼をお受けになって標本をお作りでしたか!?
それは大変でしたでしょう。
今年の北海道で聞いた話ですが、「植物の盗掘なんてのはまだ良い方で、学術研究と称して大学の先生達が植物を持ち帰るのが一番困る。」とパトロールの方がこぼしていらしたのを改めて思い出しました。
kako狸
2010/11/18 15:59
こんばんは。確かに、そのような話はよく聞きますね。一人の研究者が入ると、どうしても仲間や関係者にその場所が広まっていき最終的に付き合いのある業者が根こそぎ採取していく。以前、午前中の観察会へ参加して午後に改めて撮影しょうと回ってみると、すでに盗掘された後でした。参加者の誰かが持ち去ったのでしょうね。私は基本理念として個体数の少ない自生地では撮影のみで採取などはしませんでした。また、場所の確定のできない自分だけの秘密の自生地を多く持っていますよ。
カエル爺さん
2010/11/18 19:03
<カエル爺さんへ>
おはようございます。辛口のお返事で失礼致しました。
礼文島で地元の方とのお話を思い出したものですから。
カエル爺さんの様に採って食べても良い野草と貴重な山野草を区別が出来る方なら素人が採集しても良いのでしょうけど、人気のある山野草は盗掘されるし、名前は学術研究と格好が良いけれどごっそり持って帰られるのは如何なものかと思いますね。
礼文島で話が急に止まったと思ったら、大学の先生達が車が入れない所までランドクルーザーを乗り入れて来られました。
目配せをなさって話はそこまででしたね。
私達仲間も自分だけの秘密の自生地を知っていて、最近は見た場所も極力ブログには書かない様にしています。
私一人がそんな事をしても、たかが知れているとは思うのですけどね。
悲しい思いを何度もしていますから・・・
kako狸
2010/11/19 05:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏の湿原<5> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる