kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の野草<1>

<<   作成日時 : 2010/10/03 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 17

<ママコノシリヌグイ>継子の尻拭い

画像

画像

<ナンバンギセル>南蛮煙管
画像

<コケオトギリ>苔弟切
画像

<オトコエシ>男郎花
画像

<オケラ>朮
画像

<ゲンノショウコ>現の証拠
画像

画像画像


画像画像


<ツユクサ>露草
画像

<ツユクサ>に関してエフ・エムさんが詳しく書いていらっしゃいます。
どうぞ御覧下さい。


http://michikusanojikan.at.webry.info/201009/article_4.html


<クサノオウ>瘡の王
画像


長い間、8月の信州の花旅にお付き合い頂き有り難うございました。
4月の終わりから近所を歩いておりませんでしたが、
9月半ば過ぎに半年振りに歩いて見ました。
4月にも見た<クサノオウ>がまだ元気だったのには吃驚しました。
花期の長い野草だったのですね。
今日から数日お付き合い下さいませ。


ファイルNo179.269

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
今までで 一番怖いと思う 花の名
”ママコノシリヌグイ”。金平糖のように
愛らしいこの花が 可哀想です。
皆で 改名の嘆願書 出しませんか。
たかようじ
URL
2010/10/03 09:43
ママコノシリヌグイは名前とは裏腹に、ほんとに可愛い花をもつ植物ですね。あのとげも何かに絡み付いて落ちないようにしているのですから、シリヌグイはひどいですね。
このあたりでは、ゲンノショウコの赤花と白花が混じって咲いているのでしょうか。きれいですね。
エフ・エム
2010/10/03 15:17
申し遅れましたが、拙記事をご紹介下さり、ありがとうございます。
エフ・エム
2010/10/03 15:19
私も近所へ散歩に暫くぶりに出かけてびっくり。
何時も、珍しい花を撮らせて頂いていたお宅が更地になっていました。私も今、夏の花を整理中で、秋の花などの間に挟んで行こうかな、などと思っています。
タデ科の花が目立ち始めましたね。
花咲か爺
2010/10/03 16:34
<たかようじさんへ>
こんにちは。気持ち玉有り難く頂戴します。
<ママコノシリヌグイ>は本当に気の毒な名前ですね。
可愛らしい花なのにね。
最近は継子じゃなくて実子もこれで尻を拭う親もいて心が痛みますね。
私も此方で改名の署名運動をしましょうかね。
提出先はやはり簡易裁判所でしょうか?
kako狸
2010/10/03 17:27
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。どうして<ママコノシリヌグイ>なんて名前が付けられてしまったのでしょうね。
花が可愛いだけに可哀想ですね。
自己紹介の時にも引けてしまうでしょう。
まだ棘でも<アキノウギツカミ>の方が許せる名前ですね。
家の庭では紅色の<ゲンノショウコ>ばかりですが、野川沿いを歩けば紅白の<ゲンノショウコ>が咲いています。
写真を写していたら小父様が自転車を止めて何やら待っておられると思いましたら「可愛らしい花ですが何と言う花ですか?」と声を掛けていらっしゃいました。
<ゲンノショウコ>の話をしましたら、漢方で使われる事は良く御存知でその場で話が膨らみ、しばし愉しい時間が流れました。
あらっ!勝手にTBさせて頂いてしまいお断りをしようと思っておりましたのに、頂いたコメントのお返事を書いていてそのまま朝食の準備に掛かってしまいすっかり忘れておりました。
すみませんでした。
それなのに心良い承諾を頂き感謝申し上げます。
こんな風に忘れっぽくて自分では認知症を案じている次第ですが、今後とも宜しくお願い致します。



kako狸
2010/10/03 17:42
<花咲か爺さんへ>
こんにちは。前記事も見て頂き気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
私も駅前の空地に毎年<ネジバナ>が咲いている場所が今ではコンクリートの駐輪場になってしまい吃驚しました。
暫くぶりに歩くと町の様子も様変わりしていて、以前そこは何だったっけという始末です。
人間の記憶っていい加減なものだと思いますが、そう思うのは私だけなのでしょうかね。
花咲か爺さんはそんな事は無いのでしょうね。
私はこのシリーズが終ったら7月の山野草に戻ってアップして行くつもりです。
年内一杯は写真がありそうです。
そうですね、タデ科の植物もこの時に写して来ましたので数日内にはアップする予定です。
秋の深まりを実感しますね。
虫の声も一段と冴えて聞こえる今日この頃です。
kako狸
2010/10/03 17:52
ナンバンキセル・・・ススキの根元に寄生して咲くといわれていますが、そんなことばかりでないことを示してくれていますね。
私の近所の方も、鉢植えの山芋の蔓が延びてるものに花をつけさせています。
Tatehiko
2010/10/03 18:13
<Tatehikoさんへ>
おはようございます。此処の<ナンバンギセル>も<ススキ>の根元に生えているのですよ。
そう言えば<ススキ>が写っていませんね。
失礼しました。
毎年ごっそり生えている<ナンバンギセル>ですが、今年は少なかったです。
<ヤマイモ>にも寄生するのですか?
初めて知りました。
kako狸
2010/10/04 05:56
kako狸さんのブログで初めて知ったママコノシリヌグイでした。
ごく近くで見つけて大感激!
こちらは、7月の末でした。
まだ咲いてるかな?
ピンボケだったから撮り直したいのです。
ハッピー
2010/10/04 08:00
<ハッピーさんへ>
おはようございます。何時も前記事も見て頂き、沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
そうでしたか、私の拙ブログもお役に立った事がありましたか?
7月末に<ママコノシリブグイ>を御覧になられましたか。
花期も5月〜10月と長いですからね。
私は今年の夏の暑さにはほとほと参って近所は歩きませんでした。
半年振りにやっと歩いてみたのですよ。
何時も綺麗な写真をアップなさっておられるのにハッピーさんでもピンボケの写真の事もおありになるのですね。
ちょっぴり安心しました。
kako狸
2010/10/04 08:32
ママコノシリヌグイを見ると そんなに継子が憎かったのでしょうか。と思います。
ナンバンキセルが西谷の森で咲いていると言うので行ってみましたが見ることできませんでした。
ツユクサの双子 これですね。何処で接続しているのか後ろの写真を見たいところです。面白い写真ですね。
関東では ゲンノショウコは紅白とも普通に見られるのですか。見られるとしたら その中間は生まれないのでしょうか。あまり聞いたことありませんね。
shuuter
2010/10/04 09:38
<shuuterさんへ>
こんにちは。何時も気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
子供はどの子も可愛いでしょうに継子は別なのでしょうかね。
<ナンバンギセル>は見つかりませんでしたか?
私も此処ではありませんが、<ススキ>の原で<ナンバンギセル>を探した事がありましたが、何処にでも生えていると言うものでは無いようですね。
でもshuuterさんがお探しだった所は生えていると言われている場所なのですから次回は見つかる事でしょう。<ツユクサ>の双子も可愛らしいでしょう。
良く見ると結構咲いているものですよ。
是非見つけてみて下さい。
この辺りの<ゲンノショウコ>は紅白並んで咲いていることも珍しくはありませんが、中間は居ないようです。
kako狸
2010/10/04 17:17
こんばんは≡☆
ナンバンギセル、中々見れないのではないかと・・・
姿形が本当に似ています*^^*
今の時期、ツユクサも良く目立ちますネ
いきなり涼しくなったので秋の草花が一気に咲きはじめているのではないかと・・
サイモン
2010/10/04 21:24
<サイモンさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
家の近くで<ナンバンギセル>は野川に沿って数ヶ所出る場所があります。
今年は猛暑の影響か数が少なくてがっかりしました。
来年に期待したいと思います。
それにしても煙管にそっくりですね。
家にはまだ亡き父の机の中に煙管が数本ころがっています。
そうそう矢立も一緒に。
<ツユクサ>も良い色で目立ちますね。
涼しくなって秋の気配が漂うのは嬉しいのですが、そうこうする内に、山野草の季節の終わりも近い事を実感するのです。
淋しいです。
来春までは長いですから・・・
kako狸
2010/10/05 05:42
最近の世の中…実の親子ですら哀しい情報が飛び交っています。で…逆に継子を育ててもらえるくらいの器があれば…実子より幸せに過ごせる確率も高いかもしれませんね。

ヒドイ名前と…皆さまから評判の悪いその名ですが、一休さん的発想なら

「まぁまぁ…このしりぬぐい」くらい…って読み替えれば…器量のあるお名前のようにも思えませんか?
今度から…ゆっくり呼んであげましょうね!
山野草
2010/10/09 11:39
<山野草さんへ>
おはようございます。仰る通りだと思います。
継子を引き取ってまで育ててくれる人の所で育った方が今の世の中はきっと継子にとっては幸せな事でしょう。
でも親同士が好きで一緒になっての連れ子は最近は可哀想な例も耳にしますね。
スピードを付けて読むから酷い響に聞こえるのですね。
これからはスピードを緩めてエコで呼んであげることにしましょう。
でも高速道路の追い越し車線では禁物かしら?
顰蹙ものですものね。
kako狸
2010/10/10 06:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の野草<1> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる