kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS バスツアーにて<6>

<<   作成日時 : 2010/10/14 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

<シテンクモキリ>紫点雲霧

画像画像


2008年3月に堤千絵氏と遊川知久氏により、
日本植物分類学会で新種発表されたもの。
バスツアー2日目の初見の山野草である。
よく草叢の中から見つけるものだと同行者からは呆れられた。


<シラネアオイ>白根葵
画像

画像画像


画像画像


画像画像


<シラネアオイ>も標高の高い所ではまだ蕾でした。

<ゼンテイカ>禅庭花
別名<ニッコウキスゲ>(日光黄菅)とも言う。
画像

<カラマツソウ>落葉松草
画像

<モミジカラマツ>紅葉落葉松
画像


ファイルNo27

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい〜シテンクモキリですか〜!!
新種発表されたばかりなんですね〜♪
この手の野草好きなんです。ジガバチとかスズムシとか…
緑に溶け込んでいるのに、流石にkako狸さんです。
こんな新種に出逢えると動きたくないでしょう!!
拝見出来て嬉しいです〜ワクワクします。
かえで☆
URL
2010/10/14 07:44
シテンクモキリ 紫の点の 雲霧 と
仰々しい名前ですが、実物 拝見すると
なんとも ユーモラスな 緑の花ですね。
それにしても 緑の草むらの 中から
全く同化したこの花を 見つけるなんて
素晴らしい。そういう 一種の 能力を
お持ちなのでしょうね。
たかようじ
URL
2010/10/14 08:33
新種のシテンクモキリに出会えて おめでとうさんです。高山植物を観察する姿勢が違うのでしょうね。
出会える幸運は つかみ取るものの様に思います。
シラネアオイは紫と白い花があるのですね。
落ち着いた山野草ですね。山中で逢えばしばし眺めていたい花です。


shuuter
2010/10/14 11:42
驚きました。新種発見に一歩遅れた感じですね。こんどは新種を発見なさって下さい。
モミジカラマツの花はカラマツソウにそっくりですが、葉ははっきり違いますね。おもしろいです。
エフ・エム
2010/10/14 13:48
こんばんわ!

新種の植物を直ぐに見つけるなんて、さすがkako 狸 さんですね ^^

鼻が効くのかな? 

黄一点、キスゲが目立ちますね
配色がいいですね〜 ^^
『孤 独』
2010/10/14 22:35
こんばんは♪
シテンクモキリは地味な花ですが良く見つけられましたね。花の形が面白いです。
モミジカラマツは葉がモミジの形なのですね。
かなた
2010/10/14 23:28
<かえで☆さんへ>
おはようございます。気持ち玉まで付けて頂き有り難うございます。
嬉しい出逢いもあるものですね。
<クモキリソウ>ともちょっと感じが違うし、<スズムシソウ>でもないし<ジガバチソウ>とも違うし何かなぁ〜!と思っていましたら、お仲間の一人が「もしかして<シテンクモキリ>かも。」とその場で名前も判明しました。
雲行きも怪しくなって来て、リーダーは早く皆を下山させたかった様ですが、こんな珍しい植物と出逢えてそのまま素通りとは参りません。
リーダーの気持ちも全く考えず、順番に写真を写しておりました。
で、帰りのリフトは土砂降りでした。
乗り場で皆が雨具を着てから乗り込みました。
まあリフトが止まらなかっただけ良かったです。
土砂降りに遭わなければ尚更ですけど・・・
kako狸
2010/10/15 05:49
<たかようじさんへ>
おはようございます。沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
皆も良く見つけてくれますよ。
一人より二人!二人より三人の同行者の意味はそこにあります。
目が沢山あればそれだけ出逢える花達も増えますからね。
全く山野草に興味の無い方は別ですけどね。
お仲間にも写真は写さないけれど小さな花をルーペを出されて観察なさる方もいらっしゃいます。
鳥用の望遠レンズで花を「近すぎるぅ〜。」と仰りながら写していらっしゃる方も中にはおいでですしね。
<シテンクモキリ>はユニークな花ですね。
もう少し紫がかった花も有るようです。
お仲間はみんな良い目をしていらっしゃいます。
私も「そんな植物が良く見える眼鏡が欲しいものだ。」と良く言うのですよ。
私は鼻でしょうか?
何か有りそう!ってにおうというか感じるのです。
人それぞれですが良い花追いのお仲間です。
kako狸
2010/10/15 06:00
<shuuterさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
名前が付いたばかりの新種の<ラン>に出逢えてラッキーでした。
有り難うございます。
名前が付くまでは見た場所を冠したりして色々な名前で呼ばれていたようです。
私が持っている北海道の図鑑には載っています。
その写真家の方は随分以前にフィルムカメラで写していらした様です。
出逢いは偶然ですけどね。
そんな出逢いがあるとますます花追いに嵌りますね。
shuuterさんもまだ名前の付いていない植物をつかみ取って下さいな。
<シラネアオイ>も好きな植物です。
まだまだの感じではありましたが、数株でも咲いた株が見られて良かったです。
kako狸
2010/10/15 06:12
<エフ・エムさんへ>
おはようございます。名前が決まるもっと以前に私が見ていても私の事ですから、この地球上に名前がまだ付いていない花があるとは思っておりませんので、分からないながらも私なりの名前を付けてアップしていたことでしょう。
新種発見なんてとんでもないです。
それはエフ・エムさん達皆様にお任せします。
どうぞ宜しく!
<カラマツソウ>も<モミジカラマツ>も葉っぱが無いと私には見分けが付きません。
<カラマツソウ>と<ミヤマカラマツ>も似ていますよね。
<シテンクモキリ>もそうですが、もう少しくくりが大きくてアバウトな名前でも良いじゃないかと思うのは私だけでしょうか?
名前付けが難しすぎます。
kako狸
2010/10/15 06:23
<『孤 独』さんへ>
おはようございます。沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
何かないかなとは探しながら歩いてはおりますが、見つかったのも偶然でしょう。
私はどちらかと言うと狸の嗅覚でしょうかしら。
何かあるかも???って、におうと言うか、感じる時があります。
<ニッコウキスゲ>もこの日はこの一株だけでしたね。
でも目立ってはいましたよ。
kako狸
2010/10/15 06:30
<かなたさんへ>
おはようございます。沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
草に紛れていたのに良く見つかったものだと思います。
地味な山野草ではありますが、結構この手の<ラン>はかえで☆さんではありませんが好きです。
ファンの多い<ラン>かもしれません。
野生ランが好きな方が多いから盗掘も多いのですものね。
無くならないと良いのですけど・・・
しっかり住民登録もして場所も覚えて来ましたよ。
再会出来たらまた喜びもひとしおですよね。
<カラマツソウ>も花だけでは私はお手上げです。
葉っぱを写しておくとこんな私でも同定もかなり楽に出来ます。
<カラマツソウ>ではそんな事はしませんが、花を写した後にその花の葉っぱや特徴があったら茎を抱いている葉の付き方などを写して来る事もあります。
名前付けに迷いそうな時だけですけど・・・
そんな事をしてきても結局分からない事が多くて・・・
名前付けは本当に苦労します。
かなたさんの苦労も良く分かりますよ。
お互いに頑張りましょうね。
kako狸
2010/10/15 06:45
紫点雲霧はこれが満開の状態なのでしょうか???
不思議な花だなと見ていました。
シラネアオイは、金剛山で見たときから私のお気に入りの上位にランクインしました。
すっきりした花で大きいのに嫌味のない優しさが伝わってきます。
近くで見たいなと思いましたが、きっと平地では育たないものでしょうね。
おばブー
2010/10/15 09:59
<おばブーさんへ>
おはようございます。この記事もまた後記事も見て下さって気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
<シテンクモキリ>などこの手の<ラン>はみなこれで満開状態だと思います。
変わった<ラン>ですね。
<シラネアオイ>は自然に咲いているものを御覧になられましたか?
金剛山でしたか。
私が最初に見たのは尾瀬でした。
その後、群落が見たくてブログ友さんにお聞きして佐渡で素晴らしい<シラネアオイ>を嫌言う程堪能しました。
佐渡にはもう一度行ってまたあの感動を味わいたいと思いますが、何時も楽して見ているのに、佐渡は全ての荷物を担いでの山行でしたので、それが何とも自信が有りません。
相変わらず根性無しで・・・
kako狸
2010/10/16 06:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バスツアーにて<6> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる