kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州の花旅<9>

<<   作成日時 : 2010/09/23 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

<マツムシソウ>松虫草

画像

画像

画像画像


画像

<ホタルサイコ>蛍柴胡
画像

<アカバナ>赤花
画像

画像

<モリアザミ>森薊
画像

<アキノウナギツカミ>秋の鰻掴
画像

画像

<トリカブト>鳥兜
画像

画像

画像画像


<ナンテンハギ>南天萩?
画像

画像


ファイルNo58.228

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は 先ほど妻と散歩に出ていました。
ススキの穂がたなびき 満月が輝いていました。
妻が忙しそうに オハギを作ると 張り切っています。

松虫草 季節の花ですね。松虫は どのような声で鳴くのでしょうか。
アキノウナギツカミ 私も撮ってきました。
kakoさまと同じ時期に取り上げることできそうで嬉しいです。
我が家の 夕飯はいつも遅いのです。今からです。
shuuter
2010/09/23 20:22
お久しぶりです。
kakoさまが いないと なんだか 忘れ物
したみたいで、落ち着きませんでしたよ。
「マツムシソウ」 まだ 出会ったことが
ないけれど、逢いたいなあと 片思いして
いる お花の一つです。
藤色の 美しい花びらが 豪華。
可憐そうでいて 太陽に向かって 堂々と
咲いている姿が 好きなのです。
たかようじ
URL
2010/09/23 20:38
それはそれは大変でしたね〜

大原のお祭りの神輿の落雷も、テレビのニュースで見ました
各局で流してました

こちらも大雨が断続的に降りました

一気に寒くなっちゃって・・・
秋晴れも当分望めそうもないですね

紫系の花って、いいですね〜
高貴な色だからかな? 
『孤 独』
2010/09/23 22:22
<shuuterさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を添えて頂き有り難うございます。
一昨日が中秋の名月でしたから、昨日ですと十六夜の月ですか、その下でのお散歩も良かったでしょうね。
私も十五夜の月は海岸で波の音を聞きながら見上げました。
義母の手作りのお萩を私も彼岸の入りの日に美味しく頂きました。
そんな日本的な行事も良いものですね。
私は今年は出掛ける前の墓参りで忙しくてお萩を作るどころでは無く、家の仏様にはお萩を供えて上げられませんでした。
今日にでも供えてあげないといけないかしらね。
【マツムシ】って以前は【スズムシ】の事だったのですね。
童謡に歌われている♪あれ松虫が鳴いている、チンチロチンチロチンチロリン♪って【スズムシ】の音色なのかしら?
<アキノウナギツカミ>写していらっしゃいましたか?
ちょっと今日もバタバタと予定が入っていて伺えませんが、時間を見つけてまた纏めて見せて頂きに伺いますね。
見せて頂くのを愉しみにしております。
shuuterさんの所のお夕食って遅いのですね。
普段は帰ってくる亭主を待っての夕食ですので、家もそんな時間になりますが、昨日は家におりましたので、7時頃には夕食を食べ始めました。
昨日はイタリアンでしたけど・・・
姪っ子の亭主とその弟が半年ほど前に手作りパン屋を開業しそこで沢山のパンを買って来たので、そのバケットを昨日の内に食べたくてイタリアンになってしまいました。
kako狸
2010/09/24 05:59
<たかようじさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂き有り難うございます。
まあ!拙いブログですのに、そんなに心待ちにして頂いていて嬉しく思います。
重ねて御礼申し上げます。
<マツムシソウ>って人気もありますものね。
是非逢えると良いですね。
たかようじさんが<マツムシソウ>に出逢えるようにお祈りしていますね。
kako狸
2010/09/24 06:03
<『孤 独』さんへ>
おはようございます。まあそんな訳で事訳も書かずに急いで帰省しました。
一連の葬送も済み、昨日強風で揺れるアクアラインを通って帰京した次第です。
こればかりは予定が立ちませんし、お付き合いですからしょうがないですね。
大原の祭りの被害者の方も大勢だったのですね。
重軽傷者を合わせて34人もの方だとは知りませんでした。
早く良くなってくれると良いですけど・・・
落雷でなんて会場はパニック状態だったでしょうね。
本当に涼しくを通り越して、一気に寒くなってしまいました。
秋晴れは何時来るのでしょう?
<マツムシソウ>も素敵な山野草でしょう。
kako狸
2010/09/24 06:11
「アキノウナギツカミ」!スゴイネーミングですね!やっぱり…「フユノワカザギツリ」とか…「ショカノカツオノイッポンヅリ」とかも…あるんでしょうか?

「マグロハエナワリョウ」とか「ナンピョウヨウチョウサホゲイ」なんかすると…例の「ミドリマメ」の過激派…「ウミノボクヨウケン」(こう書くと可愛いのにね)の連中が「アディ・ギルなんたら」でイジワルしにきそうですね。

でも…実にミゾソバに似てますね!コンペイトウにも

「マツムシソウ」があるならと調べてみたら…「哲学の道」のお墓はともかく…
「スズムシソウ」もありました。
山野草
2010/09/24 17:25
こんばんは≡☆
暑さ寒さも彼岸まで・・と言ってもメリハリ付き過ぎです~~;
高原の花達、綺麗ですが「アキノウナギツカミ」には参りました^^;
秋の鰻は油が乗って美味しい^^??のでしょうか
サイモン
2010/09/24 19:13
<山野草さんへ>
おはようございます。<アキノウナギツカミ>とは良く付けたと思います。
本当にあの棘で鰻が捕まえられるのでしょうかしら?
山野草さんが新種を見つけられたら、色々な名前が浮びそうですね。
私が見つけた時にもお知恵を拝借しますね。
その節はどうぞ宜しく!
「ミドリマメ」や「ウミノボクヨウケン」と言う様に訳すのですね。
なるほどと笑えました。
その内、鮪も鯨も口にする事が出来なくなる時が訪れそうですね。
鯨肉は兎も角、刺身好きの私ですから、鮪が食べられなくなるのは悲しいです。
意地悪しないで下さいね。
葉っぱを写さないと<ミゾソバ>や<ママコノシリヌグイ>って言ってもすんなり通りそうですね。
でも見る人がみると違うのかしら?
私は直ぐに騙されて引っかかるタイプですけど・・・「哲学の道」のお墓?色々と思い浮かべてはみるもののこれだけは分からないよぉ〜!
「助けてぇ〜!山野草さぁ〜ん!」
そうなのです、<スズムシソウ>はあるのですよ。
でも最近は見ていないですね。
何年前に見たのだろう???
kako狸
2010/09/25 06:17
<サイモンさんへ>
おはようございます。気持ち玉まで頂戴し有り難うございます。
あの酷暑は何処へやらですね。
涼しいを通り越して寒い位ですものね。
極端すぎて着る物が追いつきません。
<アキノウナギツカミ>の棘で鰻も掴めるための命名だそうですが、鰻を摑まえた事がないので、果たして摑まえられるのか何とも言えません。
それにしても良く付けたと感心します。
土用でも私は鰻は好きでは無いので食べませんけど、秋は脂が乗っているのかしら?
ますます食べられそうにありません。
でも鰻のたれは大好物なので、たれがあればご飯を3膳は食べられそうですけど・・・
おぉ怖い!
また太ってしまいそうです。
秋は芸術だけにしておこうっと!
kako狸
2010/09/25 06:28
私の通っていた高校のすぐ近く「哲学の道」沿いに…通称「松虫鈴虫寺」として浄土宗の開祖、法然上人が建立されたのが「住蓮山安楽寺」だったのです。

そもそもは…当時権勢を誇った後鳥羽上皇に寵愛された「鈴虫」「松虫」が浄土の教えに感化され、上皇の熊の詣での間に、浄土宗の開祖「法然上人」の弟子「住蓮」と「安楽」のもとへ抜け出して得度を受けたのが悲劇の始まり。

仏教弾圧の機会を伺っていた後鳥羽上皇は寺の開祖を処刑したうえで、高齢の法然上人はじめ、鈴虫、松虫もすべて関係者は遠島。その後洛中への帰還を許された法然上人が、上述のお寺を二人の弟子の供養のために建てられたということだそうです。今もその地に「鈴虫・松虫の墓」があります。

近くには後世に浄土宗の総本山「知恩院」第38世である万無が開祖の起点として建立した「法然院」も。「哲学の道」の散策の際は、これらは是非訪ねて戴きたいところです。
途中「叶匠寿庵」でお薄で一服も!
山野草
2010/09/25 07:26
<山野草さんへ>
こんにちは。丁寧な説明をして頂きまして有り難うございました。
良く分かりました。
最近はとんと京都に行っておりませんが、今度行く機会がありましたら、先ず真っ先に「叶匠寿庵」でお菓子とお薄を頂く事にしましょう。
これですから、山野草さんも嫌になっちゃうでしょう?
食い気ばかりで・・・
その後、散策ね。
kako狸
2010/09/25 15:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信州の花旅<9> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる