kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS メコノプシス

<<   作成日時 : 2010/07/04 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

<メコノプシス>

画像画像


画像画像


ファイルNo295

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は♪もしかしたらヒマラヤの青いケシじゃないですか?スゴイですね。見事に咲きましたね。私は栽培が難しいというので購入を断念しました。
晴耕雨P
2010/07/04 23:56
おはようございます。青いケシといわれる メコノプシスですね。花色に 赤 青 黄の原色が含まれている 数少ない植物のひとつとか。
庭で栽培されているのですか。。。。流石ですね。
shuuter
2010/07/05 07:01
<晴耕雨Pさんへ>
おはようございます。仰る様に日本で<ヒマラヤノアオイケシ>と言われている<ケシ>です。
日本で見る<ヒマラヤノアオイケシ>には違いありませんが、本場のヒマラヤの<ケシ>は全然違いますね。
もっともっと毛も多くて、ずんぐりむっくりとして逞しいですね。
こんななよなよした感じではないです。
何時か本物に逢いたいとは思っておりますが、何時までも夢の世界の話です。
これは植栽されたものです。
晴耕雨Pさんはこれを育てようとなさったのですか?
それは凄いですね。
でも日本の暑さでは中々育たないでしょうから、断念されて良かったかも知れませんね。
私は育てるのは全く駄目ですので、セッセと彼方此方にフットワーク良く出掛けて、見て歩く事にしております。
それも日本に限っての話ではありますが。
kako狸
2010/07/05 09:13
<shuuterさんへ>
おはようございます。気持ち玉まで付けて頂き有り難うございます。
花色に赤・青・黄の原色が含まれているのですか?それは知りませんでした。
そしてその3色の内の青が強く出て<アオイケシ>となるのですか?
そうしたら赤が少し多かったら写真の様な赤紫の様な花もヒマラヤにも咲くのでしょうかね?
我家でなんてとんでもないです。
我家に育つ植物は手を掛けなくても勝手に花が咲く種類のものばかりですよ。
kako狸
2010/07/05 09:23
近頃は、催し物などで、見る機会が増えましたが、栽培はやはりプロ級でないと失敗が多いようですね。
青空のような色は、デルフィニジン系の色素ではなくて、赤色のシアニジン系の色素にフラボノイドの一種がコピグメントとして働き、さらに鉄、マグネシウムが関係して青が発色するのだそうですが、赤を青に変えてしまうコピグメントの働きって一体何なのでしょうか。驚きです。
エフ・エム
2010/07/05 11:34
ヒマラヤの青いケシに似てますね、
デパートで買ったのと同じだわ!
ハッピー
2010/07/05 12:31
寂しそうに ひっそりと
咲いている花かな。
爺も撮りましたが、ボケていました。
ぶらり爺
2010/07/05 16:08
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。素人では<ヒマラヤノアオイケシ>を栽培するのは難しいでしょうね。
日本のこの蒸し暑さですものね。
<ヒマラヤノアオイケシ>にはアントシアニンの一種のデルフィニジンは入っていないのですか?
ペチュニジンやマルビジンも青色の色素の代表の様に思いますが、それも含まれてはいないのでしょうか?
アントシアニン、フラボンが金属イオンと結びつく事によって青色になりますものね。
赤が青に変わってしまうのはどうしてでしょうね。
不思議ですね。
遺伝子組み換え技術によってデルフィニジンを生成する酵素の遺伝子を青いペチュニアから取り出したと前に話題になりましたね。
でも自然界での発色のメカニズムはどうなっているのでしょう?
自然界でも青色をより安定させるには、花弁の中がアルカリ性の方が良いのでしょうね。
それぞれの花色もそのように考えると奥が深そうです。
kako狸
2010/07/05 17:46
<ハッピーさんへ>
こんにちは。前記事も見て頂き沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
ハッピーさん、あの時<ヒマラヤノアオイケシ>もお買いになったのでしたっけ?
元気に育って花を咲かせていますか?
そうでしたら、やはり育てられるのがお上手なのですね。
まさにその<ヒマラヤノアオイケシ>です。
kako狸
2010/07/05 17:50
<ぶらり爺さんへ>
こんにちは。何時も沢山の気持ち玉を付けて頂き有り難うございます。
ぶらり爺さんがお住まいの北海道でしたら、この<ヒマラヤノアオイケシ>も似合いますね。
写真をお撮りになったのにボケていたとは残念でしたね。
ここでは賑やかに咲いていましたし、現地のヒマラヤでも結構、山のあちらこちらに咲いているそうで、行かれた方達は、そこここに散らばっての撮影会になるそうですよ。
現地にはいかれないので何時も植栽の日本の<ヒマラヤノアオイケシ>で我慢です。
kako狸
2010/07/05 17:56
kako狸さん、こんばんは〜♪
いやぁ〜、難しそうなことを話していらっしゃいますね。私には、チンプンカンプンですぅ
随分株数が増えましたね。私が昔見た時は、ブルーばかりで、名札も 「ブルーポピー」 となっていました。ピンクや白もあるのですね。それで、属名の 「メコノプシス」 なのですね。
ジュン
2010/07/05 18:49
<ジュンさんへ>
おはようございます。いやいや私も難しい話は大の苦手ですから、この程度で・・・
株数も増えて元気でしたよ。
名札は今も『ブルーポピー』だったのではないかしら?
記憶にありません。
ついこの間なのにこれですからね。
困ったものです。
タイトルは私が勝手に付けたのです。
kako狸
2010/07/06 08:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メコノプシス kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる