kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 美濃戸

<<   作成日時 : 2010/06/14 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

<コセリバオウレン>小芹葉黄蓮

画像

画像画像


画像画像


「まだ早いよ!」と言う私の意見を聞かずに、
同行者が今年はどうしても美濃戸口から歩いてみたいと言うので、
仕方なく同行しました。
5月の事です。

画像

まだ雪も融けていなくて、
簡易アイゼンを付けての、雪道歩きとなりました。
こんな道をひたすら歩き続けます。
それも今回私はお昼のご飯も持たずにです。
赤岳に登る人もこの日は少ない様で、
行き交う人など殆どいません。
そんな登山道を歩くのに、
お弁当がないなんて無謀な話です。
持っているのは、お茶とお菓子だけ。
同行者がパンとインスタントの小さなカップ麺と珈琲と、
大量の水とボンベを背負っていましたけど。
こんな山歩きは初めてで、不安でした。

画像画像



同行者のパンを分けて貰い、カップ麺をスープ代わりに、
八ヶ岳を眺めながら、美味しいお昼にありつきました。

画像

画像

雪融け間近の雪渓脇に咲く花を期待して歩いてはみましたが、
咲いていたのは<セリバオウエレン>だけでした。
3回3出複葉なので<コセリバオウレン>かしらね。
でも溶け出した雪の下からは、
色々な葉が確認出来、次に繋がる情報収集は忘れませんでしたよ。
次は一ヶ月後かな?


ファイルNo55

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
kako狸さん、お早う御座います。
此処も美濃戸口から登るのですね。この辺りでは<コセリバオウレン>も、5月に咲くのですね。でも、雪の中から咲く<オウレン>は、何方かの夢の被写体でしたよね。良かったですね。
それにしても、この残雪の中、昼食も持たずになんて、大食漢(ウフフ)の狸さんには一寸無謀ではありませんか? 同行者(もしやAさん?)のパンとカップ麺とコーヒーに救われましたね♪(笑) こう言う時の食事って特に美味しいものですよね。
一ヶ月後が、今回と言う訳ですか?
ジュン
2010/06/14 10:45
すごい雪道、大変でしたね。でも、こういう経験はきっといい思い出になるのでしょうね。
コセリバオウレンの横に大きく広がった花のかたちがおもしろい。淡い黄色がとてもきれいです。
エフ・エム
2010/06/14 13:42
こんばんは 雪道をアイゼンつけて登る姿を 想像いたしています。お若いですね。なにやらうらやましく思います。
雪の山見ていますと 立山で春スキーをしていた頃を思い出します。富山にいたことあります。
当時独身時代の話ですので だれが 一番黒い顔をしているか 自慢したものでした。
雪の春山 女性には 日の光の防止が重要とおもいますが 如何がなされていますか。
コセリバオウレンの黄色の花 雪の中 なおさらまぶしいです。
shuuter
2010/06/15 01:26
<ジュンさんへ>
こんにちは。こんな雪道を登っても花は咲いていないでしょうに・・・
行ってみたいと言いだすと、私が何を言おうと聞かないのですもの。
しょうがないですね。
<コセリバオウレン>だけを写すなら今年じゃなくてもいいや!と言う程、疲れていて集中力も切れていました。
本当にお昼ご飯も持たずになんて無謀もいいとこですよね。
お米は持っていたのだから、ご飯を炊いておにぎりを握って来たら良かったのですが、コンビニにでも寄るのだろうと思っていたら、なんと道々にコンビニも無いまま目的地に着いてしまったのです。
まいりましたよ。
私が此方で買ったパン等、色々と担いで登ってくれたのはKさんでした。
有り難く、頂き飢え死にしないですみましたよ。
kako狸
2010/06/15 17:24
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。同じ所に行っても何時も初めてみたいな私ですが、今回だけは印象に残る山歩きになりました。
きっと何時までも覚えているでしょう。
<コセリバオウレン>を写そうにも疲労からカメラを構える気力も失せていて、何時も以上に下手くそな写真になってしまいましたが、それも今では良い思い出の一つです。
次に同じ時季に訪れる事があれば、上を目指さず、<コセリバオウレン>だけを写して直ぐに戻って来ることにします。
kako狸
2010/06/15 17:30
<shuuterさんへ>
こんにちは。気持ち玉まで付けて頂き有り難うございます。
もう若くないからアイゼンを付けて歩くなんて本当はとんでも無いことです。
shuuterさんは富山におられた事がおありですか?
そして立山で春スキーをなさっていらしたなんて、素敵な思い出をお持ちですね。
誰が一番雪焼けをしていたかを自慢するなんてねぇ・・
スポーツマンでいらしたのですね。
だから今も元気にウォーキングもなさるのですね。
私は生まれたのは父の仕事の関係で富山県なのですよ。
あまり日焼けを気にする方ではありませんが、日焼け止めを化粧下地に塗って、朝一度塗ったら一日そのままで、ともすると帽子も被らずに歩いている事もあります。
病気をしてからテニスをしておりませんので、それだけでも友人からは白くなったねと言われますから、テニスをしていた頃は、肌の色は狸色だったのでしょうね。
kako狸
2010/06/15 17:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美濃戸 kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる