kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊豆高原の花見報告

<<   作成日時 : 2010/03/31 08:00   >>

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

<サクラ>桜

28日から2泊3日で伊豆高原に花見に行って来ました。
画像

河津まで海岸沿いをドライブしたら、
上りの道が混んでいた為に、
中伊豆周りで宿に帰る事に。
峠に近付くにつれて雨が霙に。
天城峠では雪になってしまい、
ノーマルタイヤの車は乗り捨て状態!
そんな雪のドライブを主人の母は子供の様にはしゃいでいた。
家の車は四輪駆動のスタッドレス。
妹の住まいは千葉県の海沿い、
今季は雪が降っても霜が降りた位しか白くならなかったと言う。
勿論タイヤはノーマル!
家の車が先導し、タイヤの跡をトレースしてどうにか峠を越え辿り着いた。
夕食後は雪の降る中、夜桜見物!

画像

寝る頃には雪もやみ、満天の星空に。
でも、翌朝、窓の外はまるで雪国!
お天気はすっきりした快晴。

画像

画像

大室山もまるで富士山の様。
画像

桜のトンネルが延々と続きます。
画像

画像

画像

画像

画像

もう随分前にはなりますが、
ここ伊豆高原に花見に来た折、
雪で乗り捨てられた車があったのを覚えていますが、
今回もまた雪に遇うとは・・・・・

桜の花見のつもりが思わぬ雪で母達は大喜び。
親孝行の真似事も雪のお蔭で大成功でした。

ファイルNo293.303

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お帰りなさい。
雪見と花見と両方できるなんて、なかなかないことでしょうね。お母様方がお喜びになったのはなによりですね。
雪の写真も、桜の写真も素敵です。高原の澄んだ空気を感じます。
エフ・エム
2010/03/31 09:25
慣れない雪道を夏タイヤで走るとは、かなりの図太さと言うか怖いもの知らずの方なのですね。
そう云えば、冬でも、夏タイヤでこちらに来る人がいますが、私は怖くてそんな事は出来ません。
tonami
2010/03/31 12:43
<エフ・エムさんへ>
こんにちは。昨日帰京致しました。
雪国でも<サクラ>が咲く時期は雪が降る事はもう無いでしょうから、花見と雪見が一緒に出来ることは少ないかもしれません。
母もとっても喜んで「あの世に行っても忘れないよ。」と言って喜んでくれました。
写真は何時もながらの拙い写真ですが、お褒め頂き有り難うございます。
私達も久し振りの伊豆高原でしたが、高原の空気を胸いっぱい吸い込んで来ました。
kako狸
2010/03/31 14:40
<tonamiさんへ>
こんにちは。そうですね。無鉄砲と言われればその通りですから、否定のしようはありませんね。
道幅も広くスピードの出しようもありませんから、それでどうにか辿り着く事が出来ましたが、後1時間いえ30分後だったら車を置いて送り迎えをしないと駄目だったと思いますね。無事に着いてホッとしました。
90パーセント以上はノーマルタイヤだったでしょうね。
ホテルの送迎車も台数分のチェーンが無いとの事で右往左往していた位でしたから。
伊豆高原では山にでも出掛ける人意外は冬用のタイヤに変える人はいないでしょうね。
まして観光客なら尚更です。
<サクラ>を見に来て雪に降られるとは思っていないから、普通はノーマルタイヤでしょう。
家がGWに信州の山に入るので半年冬用のタイヤを履いているのですが、その方が珍しいのかもしれません。
先日も冬用のタイヤを履いていても八ヶ岳の新雪ではスタックしましたけど・・・・
kako狸
2010/03/31 14:51
こんばんは 私も2年前 伊豆 箱根へドライブ旅行いたしました。大室山が雪の山ですか。。。旅では意外な出来事が楽しい思い出になるもの お母様もお喜びとのこと 家族団らんのいい思い出が残ることでしょう。
shuuter
2010/04/01 00:12
<shuuterさんへ>
おはようございます。shuuterさんも伊豆箱根へいらっしゃいましたか?
私達は以前は良く行ったものですが、此処の所、間が空き久し振りに参りました。
この時季に大室山が真っ白なのには吃驚でした。
この意外さが旅の愉しみなのですよね。
母達も驚きと共に大変喜んでくれましたので、良かったと思っています。
kako狸
2010/04/01 08:07
kakoさん、お帰りなさい。
桜に雪に両方楽しめて良かったですね〜。
それに伊豆は海も綺麗で魚も、温泉も、
楽しめるので、私も伊豆は大好き、河津桜
の頃は行きたくなります。
良い親孝行しましたね〜。
ワイ
2010/04/01 10:07
<ワイさんへ>
こんにちは。はぁ〜い、ただいま!
伊豆に花見に行ったつもりでしたが、安曇野に雪見に行ったかと思うほどでした。
以前に母達を安曇野に連れて行った時に宿の外は雪だったのですが、そこに野生の猿の群れがいて、今回もそんな思い出話を母はしていました。
思わぬ雪を見て安曇野に行った時を思い出したのでしょうね。
嫁より物覚えが良いですから、連れ出す甲斐もあります。私ときたら何度同じ所に行っても何時も新鮮なのですもの。
母は海沿いの町に住んでいるので海には興味は無いでしょうが、温泉は喜びますね。
私は新鮮なお魚も大好きですので、伊豆は好きです。
河津まで足を伸ばしましたが、河津桜はすっかり葉桜になっていました。
私も最近本場の河津桜は見ていませんね。
親が元気で一緒に歩いてくれるのが幸せです。
ちょっぴり親孝行の真似事が出来ましたかしら?
kako狸
2010/04/01 11:13
kako狸さん、お早う御座います♪
旅先からのメール嬉しかったで〜す。有難う御座いました。新潟の雪は気にしていましたが、まさか伊豆高原が雪になるなんて考えてもいませんでしたよ。この時季、暖かい伊豆に行かれたkakoさんは「当たり♪」と思っていたのですもの。
それにしても、場違いの雪を喜んでおられるお母様は、考え方がとてもお若いのですね♪
私の故郷は河津ですが、冬に行っても雪にあったことは一度もありません。花見と雪見が一度に出来るなんてめったにありませんよ! お母様喜ばれて良かったですね。親孝行も大成功でしたね
私も桜をタップリ楽しませて頂きました。ありがとう〜♪
私は31日夜、帰宅しましたが、凍った雪と粘土土のヌルヌルと雪解けの泥水との戦いで、身体中痛い痛い!
ジュン
2010/04/02 10:54
<ジュンさんへ>
こんにちは。おかえりなさい!お疲れ様でした。
いえいえ、ジュンさんも越後に御出発だと思って、メールしちゃいました。
私も伊豆高原での花見の折に雪を一度経験した事はあったのですが、まさか今回もそんなに雪が降るとは思っていませんでした。
そんな思いもかけない雪のお蔭で母達も喜んでくれました。
ノーマルタイヤの弟も無事に帰り付きましたので、OK!ですよね。
ジュンさんの故郷は伊豆だとは存じておりましたが、河津ですか?
良い所ですね。
母は孫と一緒に住まっているせいもあってかとても気持ちが若いですね。
曾孫も近くにおりますし、そう言う意味では幸せです。
たかが2泊の小旅行でしたが、喜んでくれて良かったです。
楽しみを共有して下さりそちらこそ有り難うございます。
ジュンさんは大変な御旅行だったのですね。
充分休養をお取りになって早く痛みをとってね。
でもお目当ての山野草にいっぱい逢えたのでしょう!
ブログのアップを心待ちにしています。
お留守中にお尋ねしようと思っていたのですが、コンサートに出掛けたり遊んで歩いていてお尋ね出来ずにごめんなさいね。
時間を作ってゆっくりお尋ねします。
kako狸
2010/04/02 16:52
こんにちは♯
我が家の方でも飛んだなごり雪で慌てました。先週スタッドレスを外した所だったので^^;
、、、、不測の事とは云え、無事で何よりでした。
こういうときには綺麗な景色に出会えることが多いので楽しみなのですが*^^*
雪を被った桜の花なんてのはなかなか見れません^^v

サイモン
URL
2010/04/03 16:35
無事、宿に辿り着いたようで何よりです。
桜に積もる雪がなんとも風情を感じますが、花にとっては冷たい夜を過ごしたようですね。
富士山のような山もなんともいいですね。
ソリをもって登りたくなります。
おばブー
2010/04/03 21:17
<サイモンさんへ>
おはようございます。そちらでも先日は雪が降り積もりましたか?
3月末にこんな雪が降るとは思いもしませんでしたので吃驚でした。
まあ無事に帰りましたので、こんな記事も書けましたが、何かあっても不思議じゃないのですからね。
思いがけない雪に母達も喜んでくれて良かったです。
kako狸
2010/04/04 08:16
<おばブーさんへ>
おはようございます。前記事にも沢山の気持ち玉を頂戴し有り難うございます。
はい、どうにか無事に宿に着きホッとしました。
そこからは亭主が送り迎えをする事になり、その晩の夕食の折にはアルコールも飲めずじまいでしたけれど。
今になっては雪のお蔭で良い思い出になりました。
ホテルの送迎車ですらチェーンの数が足りず、右往左往していました。
咲いてしまった<サクラ>はさぞ冷たい一夜を過したでしょうね。
大室山はお椀をふせたようななだらかな<カヤ>が生える山ですが、この日ばかりは感じが違って見えました。
そこでのそり遊びも楽しそうですね。
kako狸
2010/04/04 08:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伊豆高原の花見報告 kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる