kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 朴伴椿

<<   作成日時 : 2010/02/27 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 13

<ハクシンボクハン>白芯朴伴

画像

画像

<ボクハンニシキ>朴伴錦
画像

今年も朴伴系の<ツバキ>が咲きました。
ファイルNo192

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
卜伴椿ですか。初めてその豪快かつ大胆な!花を知りました!

白芯卜伴のほうなんか…特にですけど…ちょっと…花というものの本質を考えたら…恐ろしい感じがしますね!花って…植物の生殖器。そのうえ…おしべめしべって…生殖装置でしょ?

そのおしべがペラペラに変形してるわけですよね…。
考えるに…なんと…大胆な!
山野草
2010/02/27 09:36
おもしろいツバキですね。由来を知りたいです。ヤブツバキ系でしょうか。
シロイヌナズナの研究で提唱された花の構造に関するABCモデルでは、C遺伝子(シロイヌナズナではAgamous遺伝子)の機能が突然変異によって欠損すると、雄しべが花弁に、雌しべを構成する心皮ががくに変わり、八重の様相を呈するのですが、単純にツバキにも当てはまるか、興味があります。
エフ・エム
2010/02/27 12:41
見事な2輪のハクシンボクハンですね。ボクハンニシキはバラと言われたら 私なら信じてしまいそうです。
どこかで見たような気がして 庭に出ると。。。。
1輪のハクシンボクハンが落ちています。 残りは蕾ばかりです。
横で妻が(。。。。。。)つぶやいています。
shuuter
2010/02/27 14:26
ツバキの種類は多いですが
私もまだまだ見たことのない椿が多く
本当に珍しいツバキですね。
椿を撮りに又出かけたくなりました。
花咲か爺
2010/02/27 20:45
<山野草さんへ>
おはようございます。何時もお訪ね頂くばかりで申し訳ありません。時間を作ってその内お伺いしますのでお許し下さい。
仰る様に花も豪快ですよね。初めて見た時には吃驚しました。白芯の所は蕊が変化したものなのでしょうか?そうでしたらかなり恐ろしい事が起きている訳ですね。どうなっているのやらです。熊が考えても分からないのなら、狸が考えても分かるはずはありましぇ〜ん。
kako狸
2010/02/28 08:14
<エフ・エムさんへ>
おはようございます。変わった<ツバキ>でしょう!どれだけの品種改良がなされて、こんな<ツバキ>になったのでしょうね。知りたいものですね。
<シロイヌナズナ>でもそんな事が研究されているのですか?面白いことですね。興味が湧きます。そちらのことはエフ・エムさんがお詳しくておいでしょうから、何かお分かりになりましたらお教え願います。どうぞ宜しくお願い致します。
kako狸
2010/02/28 08:22
<shuuterさんへ>
おはようございます。気持ち玉も有り難く頂戴します。
本当に<ボクハンニシキ>は言われて見れば、花だけでしたら<バラ>に見えますね。仰られるまでは気が付きませんでした。
え、えっ!shuuterさんのお庭に<ハクシンボクハン>がおありになるのですか?それは珍しい<ツバキ>を植えておられるのですね。奥様はお目が高いですね。是非蕾が開花したら見せて下さいね。奥様との会話が聞えてきそうですよ。何時もながら会話が多いご夫婦で羨ましいです。家はほとんど会話もなく忘れられた存在ですものね。昨日も亭主一人で鳥見に出掛け【トラツグミ】が出て、私の友人に知らせて見えるのを待っていたとの事ですが、私には帰宅してから教えてくれて、それから行ってみましたが、友人も【トラツグミ】の影も形もありませんでした。「今年は寅年なのだから一度は見たい。」と思っているって何度も言っているのに聞いていないのですものね。呆れちゃうでしょう!
kako狸
2010/02/28 08:37
<花咲か爺さんへ>
おはようございます。<ツバキ>も野生種から品種改良された園芸種までどのくらいの種類が有るのでしょうね。
<ハクシンボクハン>を写したお宅とは違いますけど、近所に垣根を<ツバキ>にしておられるお家があって色々な種類の<ツバキ>が植えてあります。このシーズンは愉しませて貰っているのですよ。
また花咲か爺さんの素晴らしい写真で<ツバキ>もご紹介下さい。愉しみにしております。
kako狸
2010/02/28 08:44
椿にもいろんな種類があるのですね。
豪華というか、はじめてみました。
私もいろんな種類の椿を探してみたくなりました。
chikako
2010/02/28 23:51
<chikakoさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉まで添えて頂き有り難うございます。
仰る様に<ツバキ>も種類が多いですね。それだけ昔から人々に愛されてきたのでしょう。だから品種改良もなされ沢山の種類の<ツバキ>があるのでしょう。是非色々な<ツバキ>を見つけてご紹介下さい。
<ハクシンボクハン>は、これが<ツバキ>?って思いますよね。私も最初に見た時には驚きましたよ。
kako狸
2010/03/01 08:18
いろいろな顔があるものですね。
真中が赤のカーネーション椿?は見たことあります。
ハッピー
2010/03/01 15:05
<ハッピーさんへ>
こんにちは。気持ち玉まで添えて頂き有り難うございます。<ツバキ>も沢山の種類があるので色々な顔をしているものですね。<カーネーション椿>ですか?見た事ありません。どんな花なのか大変興味があります。
kako狸
2010/03/01 17:03
<ハッピーさんへ>
<カーネーション椿>検索してみました。本当に花だけですと<カーネーション>みたいですね。驚きました。今度は実際に見てみたものです。情報有り難うございました。
kako狸
2010/03/01 17:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朴伴椿 kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる