kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京の千振

<<   作成日時 : 2009/12/03 08:00   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

<センブリ>千振

画像

画像画像


画像

画像画像


画像

画像画像


画像

画像画像


画像

画像画像


画像

長野県で<センブリ>を写してから2ヶ月程経った頃、
東京でもやっと花が見られた。

ファイルNo1410.2410

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
白く可愛い花 薬草にもなる
とても苦いことから「千振」と
名ついたとか。
ぶらり爺
2009/12/03 08:36
長野県へ行かれた時のセンブリは記憶に新しいところですが、東京でも二ヶ月遅れの開花だったのですね。
小振りな容姿で可愛いところが愛らしいですが、さて煎じて服用すると只者ではないとか!?
saganosanyaso
2009/12/03 09:37
センブリの写真のオンパレードですね。
何株もあったのですか?綺麗ですね。
かなた
2009/12/03 11:18
皆さまのコメントにもあります通り…ワタシも…つい今しがたまで…「センブリ」=「漢方胃腸薬」のつもりで生きていました…。

こういうの…ブログなんかで読ませていただくと…いつもググったり…Wikiったりするクセになってまして…。Wikiってびっくり!

「苦味配糖体以外には、特に薬効成分は含まれておらず…(略)…特に胃の疾患には効果が無い。(略)『苦ければ胃によく、漢方薬である』という誤解が氾濫しているからだと考えられる。」
???そんな…!!身も蓋もない…
山野草
2009/12/03 13:44
センブリの写真、素晴らしいですね。
とくに最後の写真、二つに分かれた柱頭と5つのおしべのヤクが鮮明で、すごいです。
東京でもセンブリが見られるんですね。
小梨
2009/12/03 14:06
<ぶらり爺さんへ>
こんにちは。仰る様にこの草を干して乾燥させたものを煎じ、千回振り出しても苦いことから名が付いたそうですが、私はその苦い煎じ薬を飲んだ事がありません。もっぱら可憐な花を観賞し、パチパチするだけです。
kako狸
2009/12/03 17:20
<saganosanyasoさんへ>
こんにちは。はい、長野県と東京では開花が2ヶ月も違うとは思いませんでしたので、東京で何回か見に出かけては空振りでした。株は見つかるのですがまだまだ花が咲く状態ではなかったのですよ。こんなにも花の時季が違うとは思っても見なかったので吃驚しました。
最後に「とか」がついてると言うことはsaganosanyasoさんも服用したことがおありにならないのでしょうか。罰ゲームみたいな薬は飲みたくないですね。可愛らしい花なのにどうして顔に似合わずそんなに苦いのでしょう。
気持ち玉有り難うございました。
kako狸
2009/12/03 17:30
<かなたさんへ>
こんにちは。気持ち玉、有り難うございます。一度はどうも草刈りにあった場所ではありましたが、その後健気に伸びた小さな株にも花が咲いていてとっても可愛らしかったですし、<センブリ>の山と言っても良いほど沢山の株がありました。どの子にモデルさんをお願いしようかと思っているうちに大勢のモデルさんにカメラを向けてしまったと言う訳です。
kako狸
2009/12/03 17:35
<山野草さんへ>
こんにちは。<イヌセンブリ>や<ムラサキセンブリ>ならいざ知らず、<センブリ>に薬効はないのですか?驚きました。先日友人に育毛剤として効用もあると聞き、コマーシャルでもセンブリエキス配合なんて言っていましたがそれも偽りだったのでしょうか?分からなくなりました。苦くて胃にもすっごく効きそうですけどね。でも私の胃には駄目みたい、<センブリ>を飲んだら今度はキリきり痛み出しそうです。
kako狸
2009/12/03 17:41
<小梨さんへ>
こんにちは。あまりに沢山の株に恵まれて写しに写してしまいました。お褒め頂き有り難うございます。
奥多摩の方ですがれっきとした東京都ですものね。こんなに沢山生えてるとは思いませんでした。
kako狸
2009/12/03 17:44
セン・ブリであっても…ヒャク・ハマチであっても…「信ずる者は救われる」なのでしょうね。きっと。

Wikiにはもっと面白い書き方もしてありましたよ。曰く
「シーボルトが…(略)センブリを『ゲンチアナ』と
 間違えたという有名な逸話がある」

「『苦ければ胃によく、漢方薬である』という誤解が
 氾濫しているからだと考えられる。」

ですって…。まぁ…「良薬」→「口に苦し」転じて
「苦い」→「良薬なり」って誤解ってことですね。
コレって…プラシーボ効果って言うんですよね。
山野草
2009/12/03 22:58
<山野草さんへ>
おはようございます。「千鰤」に「百ハマチ」ですか。山野草さんの洒落を理解するのに何の事だろうと・・・数秒掛かりました。分かれば鰯の頭も信じれば御利益があるのですものね。
シーボルトが<センブリ>を<ゲンチアナ>と間違えたのですか?それも存じませんでした。私はまだ<ゲンチアナ>は見た事がないのですよ。
プラシーボ効果って信頼したお医者様がお砂糖を処方して下さっても病気が治るってあれですよね。精神的なことも大きく影響するのでしょう。それにたいした病気でなければ人間には自然治癒力も備わっている訳ですものね。
それにしても<センブリ>に薬効は無いのでしょうか?何とも気になります。
kako狸
2009/12/04 08:43
「イワシの頭も信心」で返されちゃいましたか!さすがkako狸さま!

いずれにせよ…いつまでも「腐らぬ前のタイ」で…いタイ…モノです。
山野草
2009/12/04 09:01
<山野草さんへ>
おはようございます。いえいえ山野草さんのキャリアにはとてもとても叶いませんよ。そうですね、「腐らぬ前の鯛」をいただきましょう。何時も柳の下に泥鰌はいないですものね。
山野草さんが洒落本を出版なさるなら真っ先に予約しますよ。それと駄洒落のあんちょこもお願いしますね。
kako狸
2009/12/05 08:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京の千振 kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる