kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州にて<1>

<<   作成日時 : 2009/11/10 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

<ヤマラッキョウ>山辣韮

画像画像


<ヤクシソウ>薬師草
画像

<センボンヤリ>千本槍
別名<ムラサキタンポポ>とも言う。
画像

<コウゾリナ>髪剃菜
画像

<ノコギリソウ>鋸草
画像

<ハナイカリ>花碇
画像

<ツルフジバカマ>蔓藤袴
画像

<ナギナタコウジュ>薙刀香薷
紫の濃い子も
画像

薄紫の子も
画像画像


白っぽい子もいました。
画像画像


<チョウセンゴミシ>朝鮮五味子
画像

画像

こんな所からも富士山は見えるのですね。
画像

ファイルNo209.219

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤマラッキョウ…食べられるんですって!そのうえ…この色っぽい花すがた…。ちょっと年増の(昔言葉でいうところの…おんな盛りというくらいの…いい意味ですよ。もちろん!)いい感じですね!

チョウセンゴミシ…またこれも美味しいそうですね!そのうえ…見た目もじゅうぶんに美味しそうです!

このかわいく上品な美味しそうな実が…「シキミ」に近縁に分類される…マツブサ科だなんて…。

「毒物及び劇物取締法」で劇物指定されている唯一の植物なんだそうですよ。「シキミ」の実って!そんなのと一緒くたに分類されている…このかわいらしい実って!いったい…
山野草
2009/11/10 16:45
「ナギナタコウジュ」にこれだけの色があったとは、観たこともなかったし知らなかった。
もっと修行しないと、仲間外れになってしまいそうですわ。
”山野草”さんのコメントにもあるように、「チョウセンゴミン」ってそんなに恐ろしい果実なんでしょうかね!?
関西のほうにも自生してるのかなぁ〜。
saganosanyaso
2009/11/11 04:38
saganosanyasoさんおはようございます。誤解を招く表現でごめんなさい。

「シキミ」の実が劇物指定されている猛毒で、「チョウセンゴミシ」はその近縁というだけで、可食のうえ、むしろ「五味子」の名で漢方薬に利用され…例えばよく目にする「小青竜湯」にも配合されてるそうです。見た目も美味しそうですし、実際に生食も美味しいらしい…是非食べてみたいですね!
山野草
2009/11/11 06:31
<山野草さんへ>
おはようございます。<ヤマラッキョウ>は私はもう少し恥じらいがある若い子の様に思いました。簪の様で可愛らしいですね。
食べたことはありませんが、あまり<ニラ>の香りはしないとのことですから、食べ易いのかもしれませんね。
<チョウセンゴミシ>はその名の通り、果実が甘・苦・酸・辛・鹹(塩辛い)の5つの味がすると言われています。漢方薬として輸入されたそうですが、果実酒やジャムとしても美味しいそうですし、勿論生食も良いそうですよ。
あのアシキミと言われている<シキミ>と近種だとは知りませんでした。<シキミ>ってシキミ科シキミ属ですよね。<チョウセンゴミシ>はモクレン科マツブサ属でしょう。???ですね。
追記有り難うございました。
kako狸
2009/11/11 08:10
<saganosanyasoさんへ>
おはようございます。沢山の気持ち玉有り難く頂戴します。
<ナギナタコウジュ>色違いはどれも近くに生えていたのですが、私も色違いがあるとはこの時初めて気が付きました。自然の植物の世界も色々あって面白さが増しました。
<チョウセンゴミシ>は東京近郊でも良く見かけますが
分布は北海道・本州でも中部地方以北となっていますので、京都には生えていないのかもしれません。私もまだ食べた事が無いのでその内味見をしてみたいと思っております。果たして5つの味を感じることが出来るのでしょうか?
kako狸
2009/11/11 08:18
ん〜とね…まずは誤解を解かなくっちゃ。

ワタシの言ってる昔の年増って…ハタチ前後のことなんです。いつも車の中で…ハードディスクに故・桂枝雀師匠の落語大全…CD40巻ほどすべてと…その師匠の米朝師の落語およそ20巻…聞いてるんで…ついついそっちの感覚でして…。三十路(20代)を中年増、四十路?(30代)を大年増って呼ぶんですって。今じゃ「三十路=30代」って大誤解すらまかり通ってますけどね…

「チョウセンゴミシ」のほうは…モクレン亜綱シキミ目マツブサ科マツブサ属なんですね!こちらは私の誤解なの?でしょうか??

本家「シキミ」はシキミ目シキミ科シキミ属…いったい…シキミ目って…ふたつあるのん???
山野草
2009/11/11 11:06
「チョウセンゴミシ」モクレン亜綱 Magnoliidae

  「シキミ」双子葉植物綱 Magnoliopsida

マグノリアって…モクレンの仲間でしょ?…同じなのか…違うのか???謎!は深まるばかりなり!
山野草
2009/11/11 11:11
<山野草さんへ>
おはようございます。何度もコメントを有り難うございます。誤解をしてしまいすみませんでした。ちゃんと『昔言葉でいうところの・・・』って書いて下さっているのに早とちりでまっこと申し訳ありません。今もそうですが、家事をしながらですので、PCの前に座ってコメントのお返事を数行書いたと思ったら、また立ったりしております。
山野草さんも落語がお好きそうですね。私も車の中でまでは聞きませんが好きです。笑いはストレス解消にもってこいですね。
<チョウセンゴミシ>も<シキミ>もいったい何処にぞくするのでしょう?私も本によって違っていたりするので分からなくなりました。その上<ミヤマシキミ>はミカン科???ですものね。
<マグノリア>は私も<モクレン>の様に思いますが・・・違うのでしょうかしら???
kako狸
2009/11/12 08:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信州にて<1> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる