kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS 国師ヶ岳

<<   作成日時 : 2009/09/17 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

<セリバシオガマ>芹葉塩竃

画像

画像画像


<イチヤクソウ>一薬草
画像画像


<ヤマハハコ>山母子
画像

<ゴザンタチバナ>御前橘
画像

<ミヤマアキノキリンソウ>深山秋の麒麟草
画像

<?>
画像

<ココモモノミ>苔桃の実
画像

<オオシラビソ>大白檜曽
別名<アオモリトドマツ>とも言う。
画像

ファイルNo158

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「アキノキリンソウ」こういう黄色い花は奇麗ですねぇ。夏のメタカラコウ、オタカラコウにしろ、昨日のマルバダケブキにせよ…黄色は上品な感じがします。

春なら来年から「サントリーソウ」になるのかしらん…

「ゴゼンタチバナ」これって…あとで一両、十両みたいな実がつく…アレですよね?これって海外でもよくトレッキング道沿いの森の木陰で…木漏れ日浴びているの…何度も見かけた気がします。
山野草
2009/09/17 08:38
<山野草さんへ>
こんにちは。<アキノキリンソウ>などのキク科の黄色い花は属は違えど綺麗で目を引きますね。そして元気も貰える様に感じます。
はい<ゴゼンタチバナ>は仰る通り真っ赤な実になります。亜高山〜高山に生える<ゴゼンタチバナ>って海外にもあるのですか?海外で見ると印象も違って見えるのではないかしら?いくら何でも、日本では赤い実でも、海外だと青い実だったりはしませんよね。
kako狸
2009/09/17 17:44
やっぱりそうでしたか。kako狸さんありがとうございます。これ…木陰のコケの間で…木漏れ日浴びている姿、本当に上品で大好きなんです。

以前、カナダのホテルとホテルを結ぶトレッキング路沿いの木立の中に…群生していて、とっても素敵でした。

印象?う〜ん…そのままその写真を信州で撮ったって言っても…誰も疑わないと思います。

ただ…日本では赤い実でも…カナダではRed Berryだったりするのかも知れません…。自信はありませんが。
山野草
2009/09/17 19:08
やっと知ってる名前が二つ三つ、内心ホッとしました。
最後の写真は「オオシラビソ」ですが、結構標高の高いところで寒いところに自生する大木だったように思います。
そして、確か秋になると枝の先のほうに、美しい可愛い真っ赤な実を付けてた記憶があるんです。
西穂独標への登山道で、ヤマトリカブトと共に楽しんだ記憶が・・・。
有難う御座いました。
saganosanyaso
2009/09/18 04:55
<山野草さんへ>
おはようございます。<ゴゼンタチバナ>をカナダで御覧になられたのですか?良いですね。羨ましいです。そんな群生を御覧になられたら、きっと感激なさったことでしょうね。家はもう犬も死んでかなりの時間が経つのだから海外旅行も行かれるのですが、どうも行った事が無いので、億劫ですね。ドアツードアで車での移動の方が楽ですので何時も同じ様な所ばかり出掛けております。今日もこれから病院を受診の後、友人共々ちょっと高山植物に逢いに行ってまいります。アハッハッ!カナダではRed Berryって言うのですね。なるほどね。なっとくです。
kako狸
2009/09/18 08:27
<saganosanyasoさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂き有り難うございます。<オオシラビソ>は仰る通り亜高山帯に生えておりますので、かなり標高が高いところですね。ここも大弛峠のPまで車で参りますが、そこがもう標高2360bあるのですよ。そこから国師岳(2592b)とその奥の北奥千丈岳(2601b)に登りました。<オオシラビソ>は高さも20bにもなるそうですね。蔵王の樹氷が付くのもこの木だったように思いましたが・・・<ヤマトリカブト>との競演も中々のものでしょうね。想像して私まで楽しませて頂き、有り難うございました。
kako狸
2009/09/18 08:38
kako狸さま…

「いくら何でも、日本では赤い実でも、海外だと青い実だったりはしませんよね。」
  ↓
「ただ…日本では赤い実でも…カナダではRed Berryだったりするのかも知れません…。」

ちゃぁ〜なご冗談です…私の言うこと…半値の八掛けくらいで…お聞きになってくださいね?

コメントの大安売り…コメントのしまいもん…コメントのわけあり商品…コメントの季節はずれの叩き売り…

そういうケースも…まま…ありますのれね…。
山野草
2009/09/18 20:28
全然知らない小さな花々に名前がちゃんと付いてるって、不思議です。
この世に出てきたときは名なしだったのでしょから・・・
ハッピー
2009/09/22 15:43
<山野草さんへ>
おはようございます。お返事が遅くなり失礼致しました。人種が違って目の色が違うように、日本で赤くなる実が海外で青くなる事が有るかしら?なんてね。そんな事はありえませんね。なるほど赤い実も海外では英語だったりフランス語だったりする訳ですものね。言い方は確かに違いますね。山野草さんの仰ることは、私が逆立ちしても思いつかない事ですので、大変楽しく勉強になります。ブログのお蔭です。有り難うございます。
kako狸
2009/09/23 08:16
<ハッピーさんへ>
おはようございます。何時も気持ち玉を頂戴し有り難うございます。どんな雑草としか思えない野草にもきちんと名前があるのには驚きですよね。ほんの少しの違いにも気が付いて、それぞれに違った名前が付いているのですから、名付けた人はたいしたものですね。もちろん最初は名無しだったのでしょう。新種でも発見して星の様に自分の名前を冠出来たら最高でしょうね。観察眼の鋭いハッピーさんも如何ですか?
kako狸
2009/09/23 08:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国師ヶ岳 kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる