kako狸 の Photo Gallery

アクセスカウンタ

zoom RSS カムイミンタラ<1>

<<   作成日時 : 2009/08/04 07:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

画像

画像

画像

<アオノツガザクラ>青の栂桜
画像

<ミヤマキンバイ>>深山金梅
別名<オクミヤマキンバイ>とも言う。
画像

<メアカンキンバイ>雌阿寒金梅
画像

アイヌの人々は大雪山を愛情を籠めて、
『カムイミンタラ』(神々の遊ぶ庭)と呼ぶ。
天気だけを気にしていたリーダーが、
今日縦走することにしたと言う。
いよいよその時が来たのだ。
ペンションを5時に出発した。
高原温泉で入山記録を書いたのが5時50分。
もう一組のパーティが先に入っている。
羆が出たと言う情報も無いようである。
でも熊鈴を鳴らし、たまに口笛を吹きながら登る。
漸く辿り着いた第一花畑!!!
な、な、何と!!!
一面の<エゾコザクラ>を期待していたのに・・・
今年は見渡すかぎりの雪渓である。
がっかりした。
これで花は見られるのか?
気持ちも落ち込んでエネルギーも減ったのでここで小休憩。

気持ちを奮い立たせていざ出発。
雪渓をトラバースする。
何時もは、のこのこ後から付いていく私だが、
雪渓歩きにも慣れていないのでリーダーの後に続けと言う。
遅れないように一生懸命付いて行く。
後から「もっとゆっくり!」と何度か声が掛かる。
これからどれだけの雪渓を超えて歩かないといけないのだろう。
気が遠くなりそうだった。
第二花畑も雪に埋もれている。
あぁ〜あ。
溜息しか出てこない。
そんなこんなしているうちにトラバースの途中で道に迷った。
前のパーティの足跡も右往左往しているのが分かる。
私達に動かないように指示が出て、
慣れている3人がルート探しに歩く。
私達には良い休憩時間になった。

ルートも見つかり目印のピンクのリボンが、
折れた木に結ばれていてその木が引っ掛けてあった。
何時また落ちるか分からないので、
しっかりとした枝に結びなおしていざ再出発。

雪渓渡りが続く。
今年はどうしてこんなに雪が多いのかと恨みたくもなった。 
ピンクのテープが巻かれたスコップが横に置かれてその先は足跡も無い。
私達は雪庇に乗っている。
大丈夫なのか?
誰かが「左側に鎖が・・・」と声を掛けてくれた。
ここが鎖場か。
リーダーがサポートしてくれて真っ先に鎖に取り付いてしまった。
どうにか登って後に続く人を振り返った。
ここはもう降りられない。
次に続いたMさんは登ってから振り向く事すら出来ず、
急峻が見えなくなるまで前進した。
全員が上がった所で休憩。

緑岳の花畑を見たら引き返すと言っていた、
Yさん御夫婦ももう行くしかないと言う。
「車は明日にでもタクシーで取りに来れば良いじゃない。」
進むしかないのだ。
まだ行程の1/5ほども進んでいないだろうに・・・
そんなこんなして、
どうにか緑岳に辿り着いた。

画像

ファイルNo47 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
読ませて頂きました。
状況が手に取るように、伝わってきましたよ。
何と言っても北の山、本州の山とは比べ物にならない環境でしょうから、リーダーの方もそれは神経を使われたことでしょうね。
kako狸さんも、気丈について行かれたご様子、何とかお花畑に辿り着いても見渡す限りの雪渓では、ちと神様も薄情なようですね。
残り行程75%、頑張ってくださいね。
あっそうだ写真、とっても良かったです。
余り記事の内容が迫力満点なので、写真のコメ忘れそう...。
saganosanyaso
2009/08/04 09:10
<saganosanyasoさんへ>
おはようございます。今saganosanyasoさんの記事にコメを入れて戻って来た所です。早速にコメント有り難うございます。
一年一度の大イベントの幕開けです。まあ今年程大変な年はありませんでした。層雲峡に4泊しましたが、夕方になると突然の雨でしたから、中々縦走する日が決まりませんでした。予備日を一日残しこの日決行する事とし、出掛けはしましたが、山歩きに慣れていないのに花は見たいしで大変です。神々達に敬意をはらいながら、お邪魔したのですが、第一も第二の花畑も雪に閉ざされておりました。神はいないのかと思いましたよ。まだまだ続きますのでお付き合い頂ければ嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。拙いコンデジ写真ですのにお褒めに預かり恐縮です。有り難うございます。
kako狸
2009/08/04 09:36
大雪は冬しか行った事が有りません、夏にも行きたいのですが・・・
先月は誘いが有ったのですが、長い休みが必要だったので、行けませんでした、羨ましいです。
tonami
2009/08/05 05:40
<tonamiさんへ>
おはようございます。tonamiさんは冬山もなさるのですね。私はとてもとても無理です。夏の雪渓をトラバースするのにも腰がひけて怖いのですもの。日も短い冬山、その上、吹雪くことだってあるでしょうし・・・高山植物に逢えると思うから、登るので花にも逢えないのに登れません。折角行く北海道でしたら、少しのんびりとした日程を取りたいですものね。お誘い頂いたのにそれは残念でしたね。是非機会を作って夏の大雪山系を歩いて、私がまだ見た事がない高山植物を紹介して下さい。そんな時を心待ちに致しております。
気持ち玉まで頂戴し有り難うございます。
kako狸
2009/08/05 07:10
花を探して随分遠くまで行かれるのですね。
体力がないと、だめですね。
札幌にいたころ、花に興味があったら
写真を撮っておくべきでした。
でもカメラが…ナイ。
あの頃スライド写真が流行って、子供の写真はスライドで残ってますが、
可愛いのがあるのに、焼けるでしょうか?
ツガザクラ・キンバイ2種珍しい花を見せていただきました。
ハッピー
2009/08/10 13:06
<ハッピーさんへ>
こんばんは。気持ち玉まで頂き有り難うございます。
お仲間に誘って頂き、日程を合わせて御一緒させて頂きました。このコースは私も自信が無かったのですが、思い切って歩いたお蔭で、見たことの無い高山植物を見る事が出来て感激しました。でも大変でしたよ。
ハッピーさんは札幌にお住まいだったことがおありだったのですか?その時でしたら、写真も沢山写せたでしょうに・・・・その時にはカメラが・・・ですか?そんなものかもしれませんね。
スライドもこの進んだ現代ですもの何とでもなりますでしょう。大きくなられた子供さんの良い思い出の写真の数々、プリントやCDにして差し上げたら懐かしくきっと喜ばれる事でしょう!
<アオノツガザクラ>も<ミヤマキンバイ>・<メアカンキンバイ>もどれも可愛いでしょう!?
kako狸
2009/08/11 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カムイミンタラ<1> kako狸 の Photo Gallery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる